マチュピチュを仮想散歩!VRと連動した「都市と建築のブログ」

2012年1月10日

管理人のイエイリです。

バーチャルリアリティー(VR)ソフトを開発・販売するフォーラムエイトは、WEBブラウザーとインターネット回線がつながったパソコンがあれば、本格的なVRが使えるようにクラウドコンピューティングサービス「VR-CLOUD」を提供しています。

また、同社では隔月で会報誌「Up&Coming」を発行しており、大阪大学大学院准教授の福田知弘先生は「都市と建築のブログ」というコーナーを連載しています。同じ記事がフォーラムエイトのウェブサイトでも同時更新されています。

 20120110-image5.jpg
大阪大学大学院准教授の福田知弘先生(写真:家入龍太)

昨年9月から、VR-CLOUDと「都市と建築のブログ」のコラボ企画が始まっているのをご存じでしようか。

ブログで取り上げた都市や建築物を、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

VRでモデル化

 

し、VR-CLOUDでウオークスルー体験ができるようになっているのです。

例えば、今年1月1日発行の号ではインカ帝国時代に栄えたペルーのマチュピチュが取り上げられています。

記事では3ページにわたって福田先生が現地を視察したレポートが紹介されており、その最後にVR-CLOUDへのリンクがあります。そこにアクセスすると、VRでマチュピチュの街に飛んでいけるのです。

 20120110-image1.jpg

「都市と建築のブログ」のウェブサイト版(資料:フォーラムエイト。以下、同じ)

 20120110-image2.jpg
VR-CLOUDのコーナー。マチュピチュのVRモデルにここからアクセスできる
 20120110-image3.jpg
メニュー画面。好きなところに飛んでいったり、歩行やドライブなどを選んだりできる
 20120110-image4.jpg
マチュピチュの街をウオークスルーしたところ

VR-CLOUDを使うためには、まず、専用のプラグインソフト(無料)をインストールする必要があります。

バックナンバーを見てみると、昨年11月1日剛では「テキサス・キンベル美術館」、同9月1日号では、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の仮想コンペ「Build Live Kobe 2011」の舞台にもなった、

  

神戸ポートアイランド

 

のVRモデルが収録されています。

実際の街を元に作られたVRモデルは、全く空想の街とは違った迫力や魅力がありますね。

ちなみに、マチュピチュのあるペルーのクスコから日本までは、飛行機を乗り継いで41時間もかかるそうです。

なかなか行けない街を観光するのに、これからはVR連動型のガイドブックが活用した「バーチャル観光」が主流になるかもしれませんね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください