現場ニーズを徹底追求!大成建設監修のiPadケースが市販されていた

2013年1月29日

管理人のイエイリです。

大成建設はタブレット端末「iPad」を使って現場最前線での施工管理を行えるアプリ「Field Pad」を2011年に開発し、現場での活用を進めています。

このアプリは、クラウド上にアップされた図面や工事関係資料などの閲覧や、図面上に「ピン」をつけて現場の写真やコメントなどをひも付けて保存、さらには帳票として出力できるのが特徴です。

しかし、iPadをそのまま現場に持ち出すと、落としたりして破損しがちです。そこで、大成建設は、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

iPadケースの開発を監修

 

し、現場での使用にたえるものを実現したのです。

20130129-image1.jpg

工事現場用iPadケースを肩にかける大成建設建築部の田辺要平課長(写真:家入龍太。以下同じ)

20130129-image2.jpg
Field Padを操作中の様子

 

ホルダーの開発に携わった大成建設建築部の田辺要平課長は「iPadのケースには防水・防じん・耐衝撃性を持ったものが市販されているが、工事現場で便利に使えるものがなかった。防水よりもむしろ落とさないことを最優先するため、ケースのひもを肩から外さないで使える構造にした」と説明します。

そのこだわりが最も表れているのがホルダーのふたを開ける部分です。一般のiPadケースは、iPadのボタンを右にして持ったとき奥から手前に開く構造になっています。その点、このiPadケースは手前から奥に開くようになっているのです。

そのままフタを折り返して入力操作を行ったり、写真を撮ったりすることができます。テーブルなどに置くときは、フタがスタンド代わりにもなります。

20130129-image5.jpg 20130129-image6.jpg

手前から奥に開くフタが使いやすさのポイント(左)。フタはそのまま折り返すと肩からかけたままiPadを操作できる

20130129-image7.jpg 20130129-image8.jpg
写真撮影の状況。カメラのレンズやUSB端子の部分には切り込みが入っている(左)。フタをたたむとスタンド代わりにもなる(右)

このホルダーを使い始めてから、大成建設の現場では

 

iPadを壊したことがない

 

そうです。

さすが、現場で求められる機能や操作性を徹底追求して開発したホルダーだけありますね。

このケースは一般のiPadユーザーも、シーエフ・カンパニーから通販で購入することができます。商品名は「建設現場用 新iPadケース」というもので、色は紺、グレー、ベージュの3色が用意されています。気になるお値段は税込みで9000円です。

20130129-image9.jpg

シーエフ・カンパニーの通販サイト(資料:シーエフ・カンパニー)

また、Field Padも近々、バージョンアップされ、より使いやすくなるようです。お楽しみに!

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください