発表会は超満員!なぜ、今、2次元CAD「JDraf」なのか

2013年5月30日

管理人のイエイリです。

ここ数年、建築はBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)、土木はCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)と、3次元モデルを使った設計・施工の話題で持ちきりです。

そんななか、昨日(5/29)、東京・秋葉原でジェイドラフ主催の2次元CAD「JDraf」新製品発表会が行われました。(JDrafについては4/26の当欄記事で)

前半は「BIM最先端情報セミナー」で、そのタイトル通り、BIM界の最先端を走る安井建築設計事務所の関連会社、安井ファシリティーズのIPDビジネスモデル推進ジェネラルマネジャー、中元三郎さんと、BIMによる設計プロセスを実践するビム・アーキテクツの山際東さんが講演しました。

中元さんは「安井LOD」と呼ばれる安井建築設計事務所が開発したBIMモデルの詳細度や施工に踏み込んだBIMの活用、山際さんはBIMが活用できない原因や、BIMで成功するための3カ条など、「BIM活用勝利の方程式」といった内容の講演でした。会場は超満員で立ち見も出たほどです。

20130530-image8.jpg 20130530-image7.jpg

講演する安井ファシリティーズの中元三郎さん(左)とビム・アーキテクツの山際東さん(右)(写真:家入龍太。以下同じ)

二人の講演が終わったところで10分間の休憩です。この後、2次元CADの新製品「JDraf」の発表会です。

BIMの講演も終わったことだし、後半は人数が減るだろうなと思っていました。ところが、後半の部が始まった時、ふと後ろの席を振り返ってみて驚きました。

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

会場は満席のまま

 

で、ほとんどの人が引き続き、2次元CADの話に耳を傾けていたのです。

BIM、CIMの話題で持ちきりの建設業界で、今、なぜ、この2次元CADのセミナーが人気なのでしょうか。

20130530-image4.jpg  20130530-image6.jpg
 後半の部で行われた2次元CAD「JDraf」のデモンストレーション(左)と受講者で超満員の会場(右)
20130530-image1.jpg  20130530-image2.jpg
 寸法線の作図デモ(左)。ナント、文字の縦書きにも対応していた(右)
20130530-image9.jpg 20130530-image5.jpg

講演するトータル・システム・テクノロジー代表取締役の長尾良幸さん(左)とジェイドラフ代表取締役の宮田信彦さん(右)

JDrafの人気の秘密は、建設業界でデファクトスタンダードになっているCADファイル形式「DWG」をネーティブファイルにしていることです。しかも、かつてのR12形式から2007形式までを読み書きでき、2013形式のファイルを読み込むことができます。

また、LISPやC言語、C++言語などによってフルカスタマイズに対応していること。過去に開発したスクリプトもそのまま使えるのかポイントです。Windows7、8の32ビット版、64ビット版(XPとVistaは32ビット版のみ)に対応しています。

そして、なんと言っても価格です。

1年間使用可能なライセンスは

 

2万8000円(税別)

 

永久ライセンスは4万6000円(税別)という低価格に注目が集まっているのです。

BIM、CIMの話題で持ちきりの建設業界ですが、一方ではいまだに2次元CADしか使わない、そして最新版で搭載されるような最先端の機能も使わない、という人も多そうです。

そんな一般的なユーザーには低価格でそこそこの機能を持った「JDraf」は、医薬品業界のジェネリック薬品のように、“ジェネリックCAD”としてのニーズがありそうですね。

あるゼネコンからの参加者に意見を聞いてみると、BIMソフトのパッケージをそろえている設計部門はともかく、施工部門や工事現場では、かなり重宝するのではとのことでした。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください