風が吹いてもピタっと静止!神戸大橋で無人機の空中撮影デモ

2014年5月27日

管理人のイエイリです。

5月22日と23日の両日、神戸産業振興センターで建設IT関連のハード、ソフトが集結する「神戸清光EXPO2014」が開催されました。

展示会場には最新の3Dレーザースキャナーや地中レーダーなどの測量機器から、情報化施工システム、現場で夏を乗り切るためのファン付き作業着など、様々な建設IT関連の新製品がところ狭しと並んでいました。

「神戸清光EXPO2014」の展示会場(写真:家入龍太。以下同じ)

「神戸清光EXPO2014」の展示会場(写真:家入龍太。以下同じ)

 

3Dレーザースキャナー

3Dレーザースキャナー

 地中レーダー

地中レーダー

ファン付きの作業着

ファン付きの作業着

情報化施工システム

情報化施工システム

そして、この展示会の特別企画として、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

無人飛行機の空中撮影デモ

 

が行われたのです。

私は5月23日の回に参加し、実際に無人飛行機(UAV)が飛行する様子を見学しました。

空中撮影デモを行った無人機。6つの回転翼が付いたかなり大型の機種です

空中撮影デモを行った無人機。6つの回転翼が付いたかなり大型の機種です

デモ会場となったのは、赤いアーチが印象的な神戸大橋わきの公園です。予定時間が近づくと、100人以上と思われる見学者が次々と集まり、飛行準備の様子を見守っていました。

使われた無人機は佐賀市の島内エンジニアが所有するもので、6つの回転翼が付いたかなり大型のものです。カメラはソニー製のものを搭載し、3秒に1枚の写真を自動撮影するように設定されています。

ちなみに無人機システム全体の価格は数百万円とのこと。それだけに性能は抜群です。

パイロットを務めたのは、農薬散布などに使われるラジコンヘリの操縦経験豊富なベテランで、風速10m/秒でも飛ばせる技術を持っているそうです。

空中に舞い上がったUAVは、まず低空でホバリングしました。驚いたのはその安定性です。空中に“ピタリ”と静止するのです。

空中に舞い上がったUAV

空中に舞い上がったUAV

撮影用に搭載されたデジカメ

撮影用に搭載されたデジカメ

地上の小型モニター。UAVからの映像がリアルタイムに表示される

地上の小型モニター。UAVからの映像がリアルタイムに表示される

さぞかし、パイロットの腕がいいからだろうと思っていたら、次の行動に目を疑いました。パイロットは、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

コントローラーから手を離し

 

地上に置いたではありませんか。

コントローラーを地上に置いたパイロット。しかし、UAVは空中に静止したままだった

コントローラーを地上に置いたパイロット。しかし、UAVは空中に静止したままだった

しかし、UAVは相変わらず空中にピタっと静止したままです。GPS(全地球測位システム)によって、高度や位置を自動的に保つことができるからです。

当日は少し風が吹いていましたが、風に流されることもなく非常に安定したホバリングを見せていました。最後に、見学者全員の集合写真を上空から撮るというサービスまでありました。

現地でたまたま知り合いの地質コンサルタントの人に会いましたが、「これだけ安定していたら現地調査でも問題なく使える」と話していました。今後、橋梁などの点検には欠かせない新兵器となりそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください