SketchUpにモデル化!トリンブルが“歩く3D写真測量機”を開発

2014年7月23日

管理人のイエイリです。

最近の測量界で話題になっている技術には、UAV(無人機)で撮影した現場の写真を使った写真測量や、車両に3Dレーザースキャナーを搭載して走りながら周辺の3D地形や街並みを記録するMMS(モービル・マッピング・システム)などがあります。

ニコン・トリンブルはこうしたニーズに着目し、新しい写真測量システム「Trimble V10 Imaging Rover(英文)」を開発。発売準備を進めています。

20140723-image01

新しい写真測量システム「Trimble V10 Imaging Rover」の使用イメージ(写真:特記以外は家入龍太)

GNSS(衛星測位システム)や、周囲を撮影する12台のカメラ、傾きセンサー、現場用タブレット端末などが付いたバーを持って現場を移動し、

 

数カ所で写真撮影

 

するだけで、現場を3D写真として記録できるのです。

バーの上部には12台のカメラが付いており、1カ所当たり5秒程度で撮影が終わると同時に撮影地点の座標をGNSSで求めます。そして次の場所に移動してまた撮影、という動作を繰り返すだけで現場の作業は完了です。

その写真やデータをパソコンに読み込むと、パソコン上で3D写真として記録されます。後は現場でメジャーやターゲットを持って測量する代わりに、エアコンの効いた快適な室内で、現場と同様の測量が行えるというわけです。

タブレット端末の画面に表示された12枚の写真

タブレット端末の画面に表示された12枚の写真

パソコンに撮影した写真を取り込み、処理すると3D写真として利用できる

パソコンに撮影した写真を取り込み、処理すると3D写真として利用できる

12台のカメラが搭載されている。その上にはGNSSユニットが載っている

12台のカメラが搭載されている。その上にはGNSSユニットが載っている

GNSSで撮影地点の座標が分かっていますので、その座標を基準点として写真に写っている任意の場所の座標を「前方交会法」で求めたり、2点間の距離などを求めたりすることができます。その精度は数mm程度とのことです。

GNSSの代わりにプリズムを取り付けると、自動追尾型のトータルステーションで写真撮影の位置を記録することも可能です。室内ではこちらの方が便利そうですね。

グレーチング隅の座標を求めた例。1枚目の写真上で位置を指示

グレーチング隅の座標を求めた例。1枚目の写真上で位置を指示

同じ点を2枚目の写真上で指示(左右2点の写真:ニコントリンブル)

同じ点を2枚目の写真上で指示(左右2点の写真:ニコントリンブル)

既知の2点から「前方交会法」で未知の座標点を求める原理(資料:ニコン・トリンブル)

既知の2点から「前方交会法」で未知の座標点を求める原理(資料:ニコン・トリンブル)

用途は現場での現況測量から、交通事故、犯行現場、災害現場の記録まで様々です。特に災害現場では現場がブルーシートで覆われてしまうことが多いので、その前に写真だけ撮っておけば、後から必要な個所の測量ができるというメリットがあります。

トリンブルと言えば、3Dデザインソフト「SketchUp」を買収したことでも知られています。その影響は、この写真測量システムにも現れています。

パソコンに取り込んだ3D写真上でトレースすることもできるのですが、そのデータを

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

SketchUpに取り込み

 

3Dモデルとして設計などに活用できるのです。

20140723-image08

3D写真上でのトレース(以下の資料:ニコン・トリンブル)

トレースしたデータをSketchUpに取り込んで3Dモデルとして設計などに活用できる

トレースしたデータをSketchUpに取り込んで3Dモデルとして設計などに活用できる

また、3D写真から点群データを生成するための開発も行われているそうです。

「Trimble V10 Imaging Rover」は今年末または来春発売予定で、気になるお値段は300万円程度になりそうとのこと。スピーディーに現場をそっくり3Dで記録できる測量機として人気が出そうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください