メモリー128GB搭載!CIM用“お化けワークステーション”を札幌で発見

2015年2月4日

管理人のイエイリです。

札幌市に本社を置く岩崎は、情報化施工やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)などの分野での技術力に定評があります。

札幌市中央区にある岩崎の本社ビル(中央)(以下の写真:家入龍太)

札幌市中央区にある岩崎の本社ビル(中央)(以下の写真:家入龍太)

昨年、東京に支店を設けてから、大手建設会社などから大規模なCIMモデル構築や3Dレーザースキャナーで計測した点群データの処理を依頼されることが増えました。

先日、そのオフィスを取材した際に、CIM業務で使うというワークステーションを見せていただきました。

オフィスの一角に置かれた日本ヒューレット・パッカード製ワークステーション「Z820」

オフィスの一角に置かれたCIM用ワークステーション、日本ヒューレット・パッカード製の「Z820」

その1台の上に置いてあるデスクトップ型ワークステーション、Z820のスペックを聞いてびっくり。

16ギガバイトのDDRメモリーを8枚も搭載し、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

合計128ギガバイト

 

の記憶容量を持っていたのです。

またCPUには10個のコアを持つ「Intel Xeon E5-2690v2プロセッサ」を2個も搭載し、コアも合計20個とこれまたすごい数です。

ワークステーションのスペック。メモリーの容量は128GB、コア数は合計20個もあった

ワークステーションのスペック。メモリーの容量は128GB、コア数は合計20個もあった

これまでBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の取材先で見たワークステーションやパソコンのメモリー量は、一般の設計者が8GB程度、少し大きなBIMモデルを扱うマシンで16GB、大きくても32GBくらいでした。

そのため、128GBというメモリー量を聞いたときは、ついに大台を超えた“お化けワークステーション”、というインパクトを感じました。

では、いったい、このマシンでどのような業務を行っているかというと、まずは点群データの処理です。

例えば全長60kmの道路周辺の3D形状をまるごと記録した点群データは、容量が2GBもあります。こうした点群データをもとにCIMモデルを作る作業を行っています。

また、同社では草が生えた堤防などの点群データから、下の地面の形状だけを抜き出す「PET’s」という点群処理ソフトを開発しました(当ブログ2014年9月4日の記事参照)。このソフトを使ってもとの点群データから98%を捨てる作業にも使っています。

このほか、街や地域、農場などを丸ごとCIMモデル化し、納品先の会社のワークステーションやパソコンで開けるデータ容量に調整する作業にも、このお化けワークステーションは活躍しています。

トンネル内外の膨大な点群データ処理(資料:岩崎)

トンネル内外の膨大な点群データ処理(資料:岩崎)

街を丸ごと3D化したCIMモデル(資料:岩崎)

街を丸ごと3D化したCIMモデル(資料:岩崎)

この“巨大”なワークステーションは、経験豊富なベテラン技術者の専用マシンかと思いきや、

 

新入社員も気軽に使える

 

ようにしているとのことです。

お化けワークステーション「Z820」を自由に使える岩崎の新入社員

お化けワークステーション「Z820」を自由に使える岩崎の新入社員

新入社員といえば、先輩からお古のマシンが回ってくることもありがちです。

しかし、岩崎のように若いうちから最新のマシンが自由に使える環境だと、仕事がスムーズに進むだけでなく、やる気もいっそう高まりそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事