空撮から3Dモデル作成まで!BIM/CIMとドローンを連携する「Site Scan」

2016年3月15日

管理人のイエイリです。

ドローン(無人機)を使った現場の空撮や3Dモデル作成が広がりつつあります。

米国の3Dロボティクス社(3D Robotics)は、土木分野向けにドローンによる現場の撮影範囲設定から3Dデータ作成までを簡単に行えるシステム「Site Scan」を開発し、このほど米国で発売されました。

「Site Scan」システムの要となるドローン「SOLO」。一式が頑丈そうなトランクに収められている(以下の写真、画像:3D Robotics)

「Site Scan」システムの要となるドローン「SOLO」。一式が頑丈そうなトランクに収められている(以下の写真、画像:3D Robotics)

その内容が同社のプロモーションビデオ(英語)で紹介されているので見てみました。

まずは、コントローラーです。

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

タブレットPCと一体化

 

されており、ドローン操作用のプロポを持ちながら、飛行範囲の設定や撮影された画像の確認などが行えるという便利さなのです。

20160315-image9

まずは飛行範囲の設定です。このタブレットPC上に現場周辺の地図を表示させます。そして空撮する範囲を一筆書きのように指定すると、ドローンがジグザグに飛行するルートを自動的に生成してくれます。

タブレットPC上に現場周辺の地図を表示し、空撮する範囲をぐるりと囲むように指定する

タブレットPC上に現場周辺の地図を表示し、空撮する範囲をぐるりと囲むように指定する

するとジグザグの飛行ルートが自動的に生成される

するとジグザグの飛行ルートが自動的に生成される

離陸するドローン

離陸するドローン

そしてドローンを飛行させて、現場を上空から連続写真のように撮影します。

その写真データは、オートデスクのクラウドサービス「ReCap」に自動的に送信され、

 

3Dモデルが作られる

 

という仕組みです。

ドローンで空撮した写真から作られた3Dモデル

ドローンで空撮した写真から作られた3Dモデル

この3Dモデルは、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)のソフトなどに読み込んで、地図の作成や造成計画、工事の進ちょく管理などに使えます。

ドローンの写真から作成した3DモデルをCIMソフト「InfraWorks 360」に取り込んで設計した例

ドローンの写真から作成した3DモデルをCIMソフト「InfraWorks 360」に取り込んで設計した例

現場の3Dモデルから土量計算を行った例

現場の3Dモデルから土量計算を行った例

このほか、点検用のモード「インスペクト」もあり、点検対象の構造物周りの飛行ルートを設定し、空撮することもできるようです。

点検モードによる撮影の例

点検モードによる撮影の例

オートデスクは、各社がクラウドベースのソフトやサービスを開発するために、次世代ものづくりプラットフォーム「Forge(フォージ)」を2015年から提供しています。

Forgeはオートデスクのクラウドシステム、APIやソフト開発キット(SDK)などから構成されており、Site Scanもこのシステムにがっちり乗っかって開発されています。

ドローンの分野にもオートデスクが進出してきたのは、注目すべきですね。BIM/CIMとドローンの連携がますますシームレスになっていきそうです。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください