マンホールも現場で造形!オランダ企業が自走式3Dプリンターを開発

2016年12月19日

管理人のイエイリです。

ノズルから生コンクリートのような材料を吹き出し、数センチずつ層状に積み上げて建物などを造る3Dコンクリートプリンターが、世界各地で開発されています。

オランダのサイビー・コンストラクション(CyBe Construction)は、このほど画期的な3Dコンクリートプリンターを開発しました。

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

クローラーで現場を走行

 

する自走式の3Dコンクリートプリンターなのです。

自走式の3Dコンクリートプリンター「CyBe RC 3Dp」(以下の写真:CyBe Construction)

自走式の3Dコンクリートプリンター「CyBe RC 3Dp」(以下の写真:CyBe Construction)

この3Dコンクリートプリンターは「CyBe RC 3Dp」というもので、、6軸の動きをする産業用ロボットにクローラー台車を取り付けた形をしています。

ロボットアームの先に取り付けたノズルから、「サイビー・モルタル」と呼ばれる生コンクリート状の材料を毎秒200mmの平均速度で吹き出しながら構造物を造形します。

造形できる範囲は2750mm、高さは4.5mまでです。作業には2人のオペレーターが必要です。

クローラーで現場内を自走できる機動力

クローラーで現場内を自走できる機動力

ロボットアームから材料を吹き出して高速で造形する

ロボットアームから材料を吹き出して高速で造形する

用途としては打ち込み型枠やマンホールの現場施工などが考えられます。従来の工法に比べると、非常にスピーディーでコストも安くできるとのことです。

造形できる高さをかせぐため、

 

ジャッキで本体を上昇

 

させる機能が付いています。

ジャッキで本体を上昇させ、高い構造物も造形できる

ジャッキで本体を上昇させ、高い構造物も造形できる

サイビー・コンストラクションは、この3Dコンクリートプリンターの動画をYouTubeに公開しました。近いうちに、現場で活躍する姿も見られそうですね。

YouTubeに公開された動画

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください