飛行禁止空域を3D表示!ドローン支援サイト「SORAPASS」がパワーアップ

2016年12月7日

管理人のイエイリです。

日本初のドローンプラットフォームとして、2016年5月にオープンしたドローン専用飛行支援地図サービス「SORAPASS」は、改正航空法による飛行禁止区域などが分かる地図や、飛行申請書作成サポート機能などを備えています。

 

ドローン専用飛行支援地図サービス「SORAPASS」のウェブサイト(以下の資料:JUIDA、ブルーイノベーション、ゼンリン、日本気象、リモート・センシング技術センター)

ドローン専用飛行支援地図サービス「SORAPASS」のウェブサイト(以下の資料:JUIDA、ブルーイノベーション、ゼンリン、日本気象、リモート・センシング技術センター)

 

2016年10月末現在、会員登録数は1万会員を超え、ユニークユーザーは4万3000人を超える人気サイトとなっています。

このサイトに、新たな3つの機能が追加され、さらに本格的なサービスになりました。

その1つは、ドローンの飛行禁止空域が

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

3次元地図で表示

 

されるようになったのです。

飛行禁止空域の3次元地図

飛行禁止空域の3次元地図

複数の飛行禁止空域が、異なる高さで交わっている場合などは、とても分かりやすくなりました。

通常の地図と、3次元地図はシームレスに移動できるため、飛行する場所が禁止空域に引っかかっていないかを、いろいろな視点で確認することができます。

2つめは、国土交通省に提出する報告書の作成サポート機能です。国交省から許可・承認期間が3カ月を超える包括申請による許可・承認を受けた人は、3カ月ごとに飛行実績の報告を行う必要があります。この機能を使うと、報告書の作成が簡単に行えます。

3つめの機能は、詳細な気象情報の提供機能です。気象予報に加えて、

 

上空の風速・風向情報

 

を飛行高度ごとに調べることができます。

飛行高度は50m、75m、100m、125m、150m、200m、250m、300mと、非常に細かく調べられます。このほか日の出・日の入り情報や雲量情報なども提供されます。

新たに提供が開始された気象情報

新たに提供が開始された気象情報

気になる利用料金ですが、スタンダード、ライト、アカデミックに分かれており、申請書や報告書の作成回数によって下の表のようになっています。

 

価格表

価格表

 

ドローンを仕事で飛ばす人は、会員になっておくといろいろと便利に使えそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事