工事用デジカメで距離や面積を測る!リコーが3D測量キットを発売

2017年3月15日

管理人のイエイリです。

リコーは、工事現場の施工管理に使うデジタルカメラ「RICOH G800」を発売しています。

一般向けのデジカメと違い、工事現場の過酷な使用条件に耐えるため、防水・防塵・耐衝撃性を兼ね備えた、独自の製品です。

リコーの工事現場用カメラ「G800」(以下の写真:リコー)

リコーの工事現場用カメラ「G800」(以下の写真:リコー)

同社はこのほど、また現場に密着した新製品を発表しました。

その名も「RICOH G800ジオショット3Dキット シリーズ」というもので、2台のG800を使って写真を撮ることで、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

現場を3次元計測

 

することができるのです。

2台の「RICOH G800」で3D計測を行う「RICOH G800 ジオショット 3D キット シリーズ」

2台の「RICOH G800」で3D計測を行う「RICOH G800 ジオショット 3D キット シリーズ」

2台のG800をこのキットに取り付け、三脚などに透け付けて写真を撮り、パソコン用ソフト「ジオショット 3D」に読み込むと、道路内の計測や作業員が入りにくい危険な場所などの測量を安全に行うことができます。

計測モードは5つあり、(1)2点間の距離、(2)1点と直線の最短距離、(3)1点と面の最短距離、(4)面積計測、(5)角度計測です。

計測範囲はカメラ全面から奥行き5~15m、計測誤差は垂直・水平方向の標準偏差が±4cm、奥行き方向が同±6cmとなっています。

5つの計測モード

5つの計測モード

道路内の距離を計測した例

道路内の距離を計測した例

橋梁の桁下を計測した例

橋梁の桁下を計測した例

気になるお値段ですが、G800対応のものが

 

90万5000円(税別)

 

で、2台のG800カスタムモデルやステレオカメラアダプター、「ジオショット3D 」(NTTインフラネット製)、専用ケースなどが含まれています。また、GPS(全地球測位システム)に対応したデジタルカメラ「G800SE」用の製品は、98万円(税別)となっています。

製品の内容と価格

製品の内容と価格

意外と高いような気もしますが、これまで交通量の多い危険な場所などをメジャーを使って測っていた作業が写真を撮るだけでよくなり、しかも画像として現場を丸ごと記録することで測り忘れもなくなることを考えると、安いかもしれませんね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください