ドローンの飛行から3D解析まで!テラドローンがWebアプリを開発

2017年3月17日

管理人のイエイリです。 ドローン(無人機)による測量を行うためには、様々なソフトを使う必要があります。

例えば、ドローンの飛行ルート作成や自動操縦、空撮した写真の3Dモデル化、そして土量計算などです。 メーカーが異なるソフトをいくつも使いこなすのは手間がかかるし、データの受け渡しも面倒ですね。

ドローンによる測量イメージ(以下の写真、資料:テラドローン)

ドローンによる測量イメージ(以下の写真、資料:テラドローン)

そこで、ドローン界のベンチャー企業、テラドローン(本社:東京都渋谷区)は、 ナ、ナ、ナ、ナント、

自動飛行から地形解析

までを1つのWebアプリで対応できるドローン専用画像処理ソフト「Terra Mapper」を開発し、このほどベータ版をリリースしたのです。

Terra Mapperによる土量計算の例

Terra Mapperによる土量計算の例

Terra Mapperのワークフロー

Terra Mapperのワークフロー

Terra Mapperは、ドローンの自動航行を行って空撮した写真をクラウドサービスに自動アップロードし、クラウドサーバー上で3Dモデル化や土量計算などのデータ解析を行い、チームで共有することができます。

ドローンの自動飛行には、当ブログ2016年11月23日付けの記事でも紹介した運行管理システム「Terra UTM(UAV Traffic Management)」を使っています。

ドローンで空撮した数百枚のデジタル写真を3Dモデル化するためには、128GBクラスのメモリーを搭載したワークステーションが必要になる場合もあります。

その点、このWebアプリは重たい計算をクラウドで処理してくれるので、インターネットにつながる普通のパソコンやスマートフォン、タブレットなどがあれば大丈夫です。

そして、日々の土量変化量をモニターしながら施工管理を行ったり、解析データをダウンロードして会議資料に使ったりすることができます。

また、クラウドならではの機能として、プロジェクト関係するメンバー間で、チャットや人やモノの配置なども一括管理し、“見える化”できるそうです。

Terra Mapperで3D画像処理を行った例

Terra Mapperで3D画像処理を行った例

どうですか。どんなソフトなのか、ちょっと気になっているドローンユーザーの方もおられるのではないでしょうか。 そこで今、テラドローンは、

ベータ版ユーザー

を募集中で、ユーザーからの評価を求めています。 評価用アカウントは、「ベータ版の登録申請ページ」から受け付けていますので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

Terra Mapperのベータ版申し込みページ

Terra Mapperのベータ版申し込みページ

テラドローンはこれまで、矢継ぎ早にドローン事業のプレスリリースを出してきました。今回のWebアプリのベータ版公開は、ドローン界にさらに大きなインパクトを与えそうです。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください