ユーザーが3日で4倍に!VR住宅営業アプリ「EOPAN」が無料化

2017年4月7日

管理人のイエイリです。

イオグランツ(本社:大阪市中央区)とインフォマティクス(本社:川崎市幸区)が共同開発したVR住宅営業アプリ「EOPAN」が、4月1日に“360°ビジュアルコミュニケーションツール”「EOPAN Cloud」として生まれ変わりました。

iPadやVRゴーグル、全天球カメラなどを使って、住宅リフォームのビフォー・アフターや壁・天井裏にある設備の“透視”などが行えるアプリです。(詳細は2014年11月6日の当ブログ記事を参照

 

EOPANの使用イメージ(以下の写真、資料:イオグランツ)
EOPANの使用イメージ(以下の写真、資料:イオグランツ)

これまで、お施主さんがこのアプリを使うのに600円で購入する必要がありましたが、今回のバージョンアップにより

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

無料アプリ

 

になったのです。

 

「EOPAN Cloud」の活用例。リフォーム前にリフォーム後の住宅デザインをiPadで見たところ

「EOPAN Cloud」の活用例。リフォーム前にリフォーム後の住宅デザインをiPadで見たところ

VRゴーグルによる立体視

VRゴーグルによる立体視

部材に属性情報を付けて管理

部材に属性情報を付けて管理

バージョンアップによってクラウド化されたので、データはクラウドにアップするだけで、お施主さんに見てもらえるようになりました。これまでのようにデータを直接、お施主さんに渡したりデータで送ったりする必要はありません。

また、有償の「EOPAN Cloud Professional」を使うと、お施主さんが見る画面には、工務店や設計事務所のロゴが表示され、お施主さんが何回、データにアクセスしたのかがわかる「アクセスカウンター機能」も備えています。

このほか、有償版にはVRゴーグルを装着したとき、目印を一定時間見つめることで視点を移動できる「ホットスポット機能」や、Android端末やパソコンでもEOPANアプリと同様に閲覧・操作できる機能も搭載されました。

クラウド化のイメージ

クラウド化のイメージ

目印を一定時間、見つめると視点が移動する「ホットスポット機能」

目印を一定時間、見つめると視点が移動する「ホットスポット機能」

4月1日に「EOPAN」が無料化されたことへの反響は大きく、ダウンロード総数は

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

3日間で約6000件

 

を記録したそうです。

3月までは、このアプリが2014年に発売されて以来、ダウンロード総数は約2000件だったそうですので、ユーザーは一気に4倍に増えたことになります。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください