500ドルの製品も!「SPAR 2017J」で見た3Dレーザースキャナーの逆襲

2017年6月15日

管理人のイエイリです。

最近、ドローン(無人機)による空撮による3D計測が話題を集めていますが、3Dレーザースキャナーも高精度化や“大衆化”のニーズが高まり、再び脚光を浴びているようです。

昨日(6月14日)、川崎市で開幕した第13回3次元計測フォーラム「SPAR 2017J」は、例年同様、多くの参加者でにぎわっていました。

「SPAR 2017Jの講演会場はほぼ満員(以下の写真:特記以外は家入龍太)

「SPAR 2017Jの講演会場はほぼ満員(以下の写真:特記以外は家入龍太)

活況を呈する展示会場

活況を呈する展示会場

講演はごく一部しか聴講することができませんでしたが、主催者のSPAR代表、河村幸二氏や、ライカジオシステムズの村山利則氏の話によると、3Dレーザースキャナーが注目を集めている理由は

 

高精度化と大衆化

 

にあるようです。

例えば、i-Construction施策を推進する国土交通省が2017年度に始めた「ICT舗装工」では、10cm角以内に1点以上の点群データを取り、アスファルト舗装の基層、表層面での高さ方向精度は±4mm以内が求められます。

この精度は、ドローンによる空撮では難しいほか、3Dレーザースキャナーでも実現できる機種は限られてきます。また、40mくらい離れた場所を上記の密度で計測するためには、機器の設定も「オート」では難しくなってきます。

このほか、複数の地点で計測した点群を合体させる作業も、これまでのようにボール状のマーカーを目印にするのは誤差が大きすぎるため、各マーカーの位置をトータルステーションなどで精密に計測し、点群データをこれに合わせるといった新しい方法も求められてくるようです。

展示会場では、歩き回りながら点群計測を行えるゼクセル(GEXEL)社のウェアラブルスキャナー「HERON」のデモンストレーションが行われていたのをはじめ、ベンダー各社が新型3Dスキャナーやソフトを展示したほか、大学や研究機関が現場に密着した研究成果を解説していました。

ウェアラブルスキャナー「HERON」のデモンストレーション

ウェアラブルスキャナー「HERON」のデモンストレーション

その場で計測された展示会場内の点群データ

その場で計測された展示会場内の点群データ

従来の製品より約1kg軽量化されたFAROのFOCUS S350」。350mまで計測可能だ

従来の製品より約1kg軽量化されたFAROのFOCUS S350」。350mまで計測可能だ

トプコンのブースには「GLS-2000」やドローン、点群処理ソリューションが

トプコンのブースには「GLS-2000」やドローン、点群処理ソリューションが

北海道大学ディジタル幾何処理工学研究室は高精度点群合成技術などを展示

北海道大学ディジタル幾何処理工学研究室は高精度点群合成技術などを展示

会場となった川崎市産業振興会館

会場となった川崎市産業振興会館

大衆化については、従来よりも低価格で簡単に使える3Dレーザースキャナーが今後、いろいろと登場してきそうです。

例えば、3Dジオコスモス(3D GEOKOSMOS, LLC)社のブースでは、英国NCテック(nctech)社が2018年4月発売予定の室内用「バーチャル・リアリティー・カメラ(Virtual Reality Camera)」のチラシ配布と説明を行っていました。

そのお値段は、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

わずか500ドル

 

と、デジタルカメラ並みの価格なのです。

2018年4月発売予定の室内用「バーチャル・リアリティー・カメラ」(写真:nctech)

2018年4月発売予定の室内用「バーチャル・リアリティー・カメラ」(写真:nctech)

製品名から「カメラ」と思ってしまいがちですが、クラス1のレーザーを搭載したれっきとした3Dレーザースキャナーです。

測定範囲は10~15mですが、住宅などのリフォームなどに気軽に使えそうですね。

このほか、測定距離100mでお値段が1万3000ドルのnctech社製3Dレーザースキャナー「LASirisVR」もプレゼンテーションしていました。2017年末ごろ、日本でも発売予定とのことです。

2017年末発売予定の「LASirisVR」は、お値段1万3000ドルとのこと(資料:nctech)

2017年末発売予定の「LASirisVR」は、お値段1万3000ドルとのこと(資料:nctech)

高精度化と大衆化が進む3Dレーザースキャナーはドローンに搭載して計測することも行われており、今後、ますますi-Constructionや既存建物やビルの3Dモデル作成などに活用

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください