点群空間でクレーン作業!安藤ハザマが橋梁工事を精密シミュレーション

2017年7月14日

管理人のイエイリです。

橋の架け替え工事などでは、クレーンで橋桁を撤去したり、新しい橋桁を載せ替えたりする作業がよく行われます。

ただ、交通量の多い都市部の場合は、夜間に道路や鉄道を通行止めにできる限られた時間で行う必要があり、トラブルや手戻りは絶対に許されません。

そこで安藤ハザマ東電設計は、クレーンで橋梁撤去や架設を実際に行う前に、現地の状況とクレーンの動きを精密に再現できる3Dシミュレーションツールを開発しました。

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

点群空間内でクレーン作業

 

を最初から最後まで行うことで、思わぬ干渉などを事前に発見することができるのです。

橋梁撤去・架設の3Dシミュレーションツール(以下の資料:安藤ハザマ)

橋梁撤去・架設の3Dシミュレーションツール(以下の資料:安藤ハザマ)

このツールは、3Dレーザースキャナーで計測した現場の点群データで現場を再現。その中でクレーンや橋桁の3Dモデルを使って、橋桁を持ち上げたり、クレーンを旋回させたりと、実際の手順通りに作業を行うことができます。

クレーンの操作は、操作パネル上の「トラックボール」によってオペレーターが操作するような感覚で簡単に行えます。

クレーンの動きは、自動的に記録され、いつでも再現できるほか、うまくいかなかった場合には途中で修正することもできます。

このツールは、東電設計が開発した3次元建機シミュレーター「3D建機ナビ」を使って開発されました。

点群で再現した現場の中で、クレーンで橋桁を持ち上げる作業をシミュレーションしたところ

点群で再現した現場の中で、クレーンで橋桁を持ち上げる作業をシミュレーションしたところ

橋桁を吊って旋回するクレーン

橋桁を吊って旋回するクレーン

こうしてシミュレーションしている間に、クレーン後方の

 

カウンターウエイトと電線

 

が接触するという、思わぬ干渉が発生した場合、赤でハイライト表示される仕組みになっているのです。

カウンターウエイトと電線が接触した場合などは、赤でハイライト表示される

カウンターウエイトと電線が接触した場合などは、赤でハイライト表示される

カウンターウエイトは、吊り荷重によって大きさが変わり、電線も道路の図面には載っていない場合もあります。クレーンが旋回する途中で両者がぶつかることは、図面だけの検討だと見落としてしまいがちですが、点群データなら図面に載っていない電線も3Dでしっかりと検討の俎上(そじょう)に載せられるので安心ですね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください