お値段は3800万円!日本HPが業務用3Dプリンターをついに発売

2017年7月11日

管理人のイエイリです。

インクジェットプリンターのメーカーとして知られるHPは、これまでも業務用の3Dプリンター「HP Jet Fusion 3D 4200 Printer」、「HP
Jet Fusion 3D 3200 Printer」を開発中であることをアナウンスしてきました。

製品の設計や試作だけでなく、多品種少量生産の製造まで対応できるのが特徴で、従来の3Dプリンターに比べて最大10倍のスピードと半分のコストで、高品質のパーツを生産できるというのが売り物です。

「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」(以下の資料:HP)

「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」(以下の資料:HP)

同社の日本法人である日本HPはこのほど、これらの3Dプリンターを

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

今年、ついに発売

 

することを発表しました。(日本HPのリリース

発売予定時期は、「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」が2017年8月、「HP Jet Fusion 3D
3200 プリンティングソリューション」が11月からです。

これらの3Dプリンターの特徴は、インクジェットプリンターの開発で培ってきた、「HP Multi Jet Fusion テクノロジー」という技術が活用されていることにあります。

この技術は、微量のインクを正確な量、正確な位置に高速で配置することで、画像データで言えば「ピクセル」に相当する「ボクセル」単位で固さや色、電気伝導率などの材料特性を変えられるものです。

造形エリアは約30cm×約40cmで、材料の積層と2種類の溶解促進剤を噴射したあと、ヒーターで加熱を繰り返しながら固めることで、高い精度と弾性、強度を備えたパーツを生産できます。

HPのプロモーションビデオでは、この3Dプリンター技術で作ったつり上げ部材を使って、クレーンでクルマを吊ってみせるシーンがあります。こんな強度のものが3Dプリンターで作れると、用途はぐっと広がりそうですね。

HPの3Dプリンターで作ったつり上げ部材

HPの3Dプリンターで作ったつり上げ部材

5トンの強度があり、クルマをつり上げても壊れない

5トンの強度があり、クルマをつり上げても壊れない

HPのプロモーション動画

気になるお値段ですが、「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」は、

 

約3800万円から

 

とのことです。

ちょっと高い感じもしますが、現在、市販されている3Dプリンターもかつては1000万円以上が当たり前でしたから、数年もたつと低価格化が進んでくることも期待できそうです。

日本HPは、この3Dプリンターの国内販売に際し、武藤工業、リコージャパンの2社を「HP 3Dプリンティング・マスターパートナー」とし、協業を開始しました。

いよいよ、3Dプリンターが機械部品の製造装置としても、本格的に使われていきそうです。

(訂正)
初出で価格を「約3200万円から」としておりましたが、正しくは「約3800万円から」でした。お詫びして訂正します。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください