フリックの6倍速!iOS版建設アプリを音声入力化するキーボードが登場

2017年8月25日

管理人のイエイリです。

工事現場では、技術者が持ち歩く荷物を減らし、効率的に施工管理業務を行うためにiPadやiPhoneの活用が広がりつつあります。

そこでもネックとなるのが、現場での文章入力です。画面上で手書き入力するアプリはまだ良い方ですが、フリック入力するのはかったるいし、iOSに装備された音声入力システム「Siri」だと建設の専門用語をうまく入力できないしと、まだまだ改善の余地を感じます。

こうした現場のお困りごとを解決するため、音声認識ソリューションを展開するアドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区)は、建設専門用語を含んだ文章をiPhoneやiPadにサクサク入力できるアプリ「AmiVoice スーパーフロントエンダー」を開発、2017年9月1日に発売することになりました。

8月22日に行われた記者発表会(以下の写真、動画:特記以外は家入龍太)

8月22日に行われた記者発表会(以下の写真、動画:特記以外は家入龍太)

その機能とは、iPhoneやiPadに

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

建設版の音声キーボード

 

を追加するものなのです。

建設版の音声キーボード「AmiVoice」の使用手順(資料:アドバンスト・メディア)

建設版の音声キーボード「AmiVoice」の使用手順(資料:アドバンスト・メディア)

つまり、iPhoneなどのアプリで入力画面とキーボード画面が出てきたとき、普通はフリック入力しますが、その代わりに自分の声をキーボードとして使えるのです。

その手順は、キーボード画面で標準搭載されている「マイク」のアイコンの隣にある地球儀アイコンをタップして、「AmiVoice スーパーフロントエンダー」を選ぶだけです。

例えば、「PCa部材は、製作に先立ち、製作要領書を作成し、工事監理者の承諾を得ること」といった文章を、アプリ上で入力するときは、iPhoneやiPadのマイクに向かってそのまましゃべるだけです。

フリック入力の代わりに、建設用語を含んだ文章をマイクに向かってしゃべる

フリック入力の代わりに、建設用語を含んだ文章をマイクに向かってしゃべる

すると、その内容がテキスト化されて音声キーボード上に表示される

すると、その内容がテキスト化されて音声キーボード上に表示される

するとその音声がクラウドサーバーに送られ、テキスト化されてAmiVoiceの画面に表示され、建設用アプリの入力部分に挿入できるというわけです。

そのため、様々な建設用アプリに、音声入力機能をプラスすることができます。

気になるのが、音声をテキスト化するときの変換精度です。記者会見では、実際にiPhoneを使って上記の文章をテキスト化するデモンストレーションが行われましたが、誤字は1つもなく、性能の高さがうかがわれました。

記者会見で行われた音声認識のデモンストレーション動画

もちろん、時には音声認識に誤りが出て、フリック入力などでテキストを修正する必要もあります。こうした修正も含めて、アプリにテキスト入力する速度は、

 

フリック入力の6倍

 

になるとのことです。

フリック入力やSiriに比べて、入力速度は格段に速くなる(資料:アドバンスト・メディア)

フリック入力やSiriに比べて、入力速度は格段に速くなる(資料:アドバンスト・メディア)

気になるお値段ですが、月額基本料金が5万円から、月額利用料は1ユーザー当たり300円(1000ユーザーの場合)となっています。

現場での入力に「音声」を使えると、施工管理業務がますますハンズフリー化され、生産性が上がりそうですね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください