日本は落選?!国際BIMアワードにJICA支援プロジェクトがノミノート

2017年8月22日

管理人のイエイリです。

BIMソフト「MicroStation」のベンダーであるベントレー・システムズは、毎年秋に「Year in Infrastructure」という国際会議を大々的に開催しています。

そのハイライトとなるのが、世界の建築・土木プロジェクトを対象にBIMの活用内容を競う「Be Inspired」というアワードの表彰式です。ドレスアップした紳士淑女が集う会場は、まるで“BIM界のアカデミー賞”会場といった雰囲気です。

2016年のBE Inspiredの表彰式(写真:家入龍太)

2016年のBE Inspiredの表彰式(写真:家入龍太)

最終プレゼンテーションを行う大林組の池田雄一さん(写真:家入龍太)

最終プレゼンテーションを行う大林組の池田雄一さん(写真:家入龍太)

前回の2016年は英国・ロンドンで開催され、日本から大林組と早稲田大学の合同チームが最終選考(ファイナリスト)に残りました。しかし、このほど発表されたBe Inspired 2017の最終選考には、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

日本陣営は落選

 

という残念な結果に終わりました。

日本のBIMプロジェクトのレベルは、かなり高くなっており、海外に比べても遜色がなくなっています。しかし、派手なプレゼンテーションを得意とする海外チームを相手に勝ち残るためには、書類選考の段階でも「オーバーアクション」なPRも必要なようですね。

今年の「Year in Infrastructure」は10月10日~12日、シンガポールで行われ、会場はあのマリーナ・ベイ・サンズホテルです。

Year in Infrastructure 2017のイメージ(資料:ベントレー・システムズ)

Year in Infrastructure 2017のイメージ(資料:ベントレー・システムズ)

せっかく、アジアで開催されるのに、残念だなと思っていたところ、意外なプロジェクトがノミネートされていました。それは「環境エンジニアリングにおけるBIMの進化」という部門に残っている「NJSエンジニア・インディア」という会社が応募した「ガンガ・アクションプランII」というプロジェクトです。

このプロジェクトは、日本の国際協力機構である

 

JICAの支援プロジェクト

 

なのです。

20170822-image05

JICAの支援プロジェクト、「ガンガ・アクションプランII」の現場写真(写真:ベントレー・システムズ)

JICAの支援プロジェクト、「ガンガ・アクションプランII」の現場写真(写真:ベントレー・システムズ)

2016年のBe Inspiredアワードで発表する「NJSエンジニア・インディア」の関係者(写真:ベントレー・システムズ)

2016年のBe Inspiredアワードで発表する「NJSエンジニア・インディア」の関係者(写真:ベントレー・システムズ)

実はこのプロジェクトは、昨年も「水道ネットワークにおけるBIM の進化」という部門で最終選考に残っていましたが、残念ながら最優秀賞は逃しました。

今回はプロジェクトが進んだことで、別の部門での応募となったようです。落選したものの次の年にも別部門で再チャレンジするしぶとい姿勢も見習いたいですね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください