ドローンで下水管を点検!ブルーイノベーション、日水コンが専用機を開発

2017年8月3日

管理人のイエイリです。

日本の下水道のうち約3%は建設後、50年が経過しており、2014年は下水管の腐食による道路陥没が約3300件も発生しています。

老朽化により点検の重要性はますます高まり、2015年の下水道法の改正により、特に腐食の恐れが大きい箇所は、5年に1回以上の点検が義務づけられました。

しかし、下水管の点検となると、硫化水素が充満していたり、ゲリラ豪雨で突然、氾濫したりと危険が付きものです。

作業員による下水管内の点検イメージ(以下の資料:ブルーイノベーション、日水コン)

作業員による下水管内の点検イメージ(以下の資料:ブルーイノベーション、日水コン)

こうした劣悪な環境下で、下水管を安全、迅速に点検するため、ブルーイノベーション(本社:東京都千代田区)と日水コン(本社:東京都新宿区)は、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

ドローンで下水管内を点検

 

する技術を開発してしまったのです。(ブルーイノベーションのPDFリリースはこちら

下水管内を飛行するドローン

下水管内を飛行するドローン

下水管内は暗闇でGPSの電波が受信できず、しかも水気があるため、ドローンが飛行するうえでも劣悪な条件がそろっています。

そこで両社は、国土交通省の下水道革新的技術実証事業である「B-DASH プロジェクト」に参加し、共同で下水道点検専用のドローンシステムを開発してきました。そしてこのほど、手動操縦によるテスト飛行に成功したのです。

地上のマンホールから、球体のかごに入ったドローンを投げ入れ、下水管内の水面上を飛行しながら点検します。これまで作業員の安全確保上、立ち入り困難だった場所も点検できるようになります。

手動操縦のドローンによる下水管内の点検イメージ

手動操縦のドローンによる下水管内の点検イメージ

そして、飛行という迅速な移動手段により、作業効率も画期的に向上します。従来の作業員による目視点検では1日に600m、自走式ロボットでは300mでしたが、ドローンを使うと毎秒1~2m、

 

1日に5400m

 

も点検できるのです。

作業員の目視や自走式ロボットに比べると、圧倒的な作業スピードを実現

作業員の目視や自走式ロボットに比べると、圧倒的な作業スピードを実現

両社は2017年秋より、横浜市を初のユーザーとして、ドローンによる下水道点検の試行サービスを開始します。今後は安定した自動飛行や正確な撮影・データ記録・解析技術を開発し、高効率な点検・管理の実現を目指していきます。

この技術は、8月4日まで東京ビッグサイトで開催中の「下水道展’17 東京」に出展している日水コンブース(小間番号:4-114)でも展示されますので、ご興味のある方はどうぞ。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください