標定点不要で生産性6.5倍!トプコンがTS追尾式ドローンを発売

2017年9月12日

管理人のイエイリです。

ドローンを使った地表面の3Dモデル化や土量計算では、空撮した写真からカメラの位置を求めるため、地上に「標定点」をいくつも設置し、その座標をトータルステーションなどで測量する必要があります。

現場の規模が大きくなると、ドローン空撮に先立つこの作業には、かなりの手間ひまがかかります。

そこでトプコンは、標定点を設置せずにドローン測量が行える写真測量システム「TSトラッキングUAS」をこのほど発売しました。

標定点なしでドローン測量が行える写真測量システム「TSトラッキングUAS」(以下の写真、資料:トプコン)

標定点なしでドローン測量が行える写真測量システム「TSトラッキングUAS」(以下の写真、資料:トプコン)

標定点の代わりになるのは、地上に設置した自動追尾式のトータルステーションです。飛行中、ドローンの撮影位置を

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

プリズム付きカメラ

 

によって、カメラの位置を高精度で計測することができるのです。

カメラの取り付けられたプリズム

カメラの取り付けられたプリズム

ドローン計測で作成した点群データ

ドローン計測で作成した点群データ

カメラの位置を計測する手段としてはこのほか、ドローンに衛星測量システム「RTK-GNSS」のアンテナを搭載する方法もあります。しかし、機体が揺れるとGNSSアンテナとカメラ位置がずれてしまい、正確な位置を求めることができません。

カメラにプリズムをじか付けしたところに、トプコンのこだわりを感じますね。

GNSSのアンテナでカメラ位置を計測する方法は機体の揺れに弱い

GNSSのアンテナでカメラ位置を計測する方法は機体の揺れに弱い

トプコンは120点を使ってトータルステーションによる測量と、標定点なしのドローン測量の結果を比較したところ、標定点なしでも全点が±5cmの範囲に収まったそうです。

標定点が不要になったことで、これまで人が立ち入れなかった大規模な斜面崩壊現場も、高精度で計測できるようになりました。

斜面崩壊現場も標定点なしで高精度に計測

斜面崩壊現場も標定点なしで高精度に計測

そして、標定点の設置や測量が不要になったことで、通常の土工現場の測量も、ぐっとスピーディーになります。

例えば、縦200m×横1000mの現場を、従来のドローン測量は、標定点を33個設置するのに330分、計測作業に66分の計390分のほか、検証点6カ所の設置・計測に計72分の合計468分が必要でした。

それが、TS追尾式ドローンの場合は検証点分の72分だけで済むので、6.5分の1の時間になります。

つまり、ドローン空撮に先立つ作業については、

 

生産性が6.5倍

 

にもなるのです。

空撮前の標定点、検証点の設置・測量作業の生産性は、従来のドローン測量(左)に比べて6.5倍になった

空撮前の標定点、検証点の設置・測量作業の生産性は、従来のドローン測量(左)に比べて6.5倍になった

ドローン測量も、初期コストを数十万円台に抑えたシステムや、樹木の下まで計測できるレーザースキャナーを使ったシステム、そして今回のように生産性の高いシステムなど、さまざまな選択肢が出てきました。

自社の業務の内容や今後の戦略を考えて、最適なものを選べる時代になってきましたね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください