5400万円から!米国ベンチャーが車両系建設機械「3Dプリンターロボ」を発売

2017年10月3日

管理人のイエイリです。

ここ数年、コンクリート系の材料を層状に積み重ねながら実物の建物や構造物を造る「3Dコンクリートプリンター」の開発が相次いでいます。

しかし、据え置き型のプリンターは設置や移動に手間がかかります。

そこで米国・カリフォルニアのベンチャー企業、カザ・コンストラクション・テクノロジーズ(Cazza Construction Technologies)は、3Dコンクリートプリンターを

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

車両系建設機械

 

のような移動式ロボットにして、販売を開始したのです。

コンクリート系の材料を層状に重ねて建物を造形する3Dコンクリートプリンターロボット「Cazza X1」(以下の資料:Cazza Construction  Technologies)

コンクリート系の材料を層状に重ねて建物を造形する3Dコンクリートプリンターロボット「Cazza X1」(以下の資料:Cazza Construction
Technologies)

「Cazza X1」の外観

「Cazza X1」の外観

現在、同社のウェブサイトで受注を受け付けているのは「Cazza X1」とやや大型の「Cazza X1 Core」の2機種です。

Cazza X1は高さ5mまでの住宅や倉庫、商業ビル、プレハブ型枠などを造形することができます。お値段は、48万ドル(約5400万円)からとのことです。

施工に使うコンクリート系材料の配合は、現場の地域と気候によって調整できます。

その施工スピードは、床面積185m2の2階建て住宅の場合、8日間で施工でき、コストは従来の工法に比べて30%以上も削減できるとのことです。

使い方は簡単で、ロボットの制御と操縦について少し講習を受ければ使えます。また、ロボットには人感センサーが付いており、施工時の事故を防ぐようになっています。

また、オプションとしてコンクリートを吹き出すノズルの先までを0.8m伸ばす延長アーム(5万4200ドル)や上部構造を1.1mまで持ち上げるリフト(6万ドル)、造形したコンクリートの外面をスムーズにする仕上げ装置(3万4200ドル)も用意されています。

ノズルの先を伸ばす延長アーム

ノズルの先を伸ばす延長アーム

上部機構を持ち上げるリフト

上部機構を持ち上げるリフト

コンクリートの外面仕上げ装置

コンクリートの外面仕上げ装置

やや大型の3Dコンクリートプリンターロボット「Cazza X1 Core」

やや大型の3Dコンクリートプリンターロボット「Cazza X1 Core」

20171003-image04

一方、やや大型「Cazza X1 Core」は、高さ6mの住宅やビルなどを施工でき、価格は62万ドル(約7000万円)です。

オプションは「Cazza X1」と同じものが使えるほか、現場内を自走し、自動的に位置決めを行える

 

オートパイロットシステム

 

も用意されています。価格は9万ドルです。

これがあれば、建物の3Dモデルデータさえ作れば、あとは3Dプリンターロボが自分で墨出しして、建物を造ることも可能になりそうですね。

これらのロボットは欧州で製作されているそうです。初回生産分のオーダーは30台限定とのことなので、興味のある企業は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください