日本からアメリカへ!ドローンによる太平洋横断レース構想が急浮上

2017年10月6日

管理人のイエイリです。

米国カリフォルニア州のサンノゼ市で、産業用ドローン(無人機)をテーマにした展示会イベント「Drone World Expo 2017」が開催されました。

展示会場には、大小さまざまなドローンの機体から、3Dモデル作成用のソフト、空撮・測量関連のサービスなどが一堂に集まり、セミナー会場ではドローンの技術開発や活用動向などの最新情報が報告され、約3000人が来場しました。

「Drone World Expo 2017」の会場となったサンノゼコンベンションセンター(以下の写真:家入龍太)

「Drone World Expo 2017」の会場となったサンノゼコンベンションセンター(以下の写真:家入龍太)

さまざまなドローン関連製品・サービスが並ぶ展示会場

さまざまなドローン関連製品・サービスが並ぶ展示会場

ドローン関連の最新技術が報告されたセミナー会場

ドローン関連の最新技術が報告されたセミナー会場

その中でも、アメリカらしい画期的なプロジェクトを発表したのは、サブリューイング・エアクラフト社(Sabrewing Aircraft Company)です。

「パシフィック・ドローン・チャレンジ(Pacific Drone Challenge)」と題したそのプロジェクトは、ドローンを使って

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

太平洋横断レース

 

を行うものだったのです。

ドローンによる太平洋横断ドローンレースについて発表するサブリューイング・エアクラフト社のCOO、エド・デ・レイス(Ed De Reyes)さん

ドローンによる太平洋横断ドローンレースについて発表するサブリューイング・エアクラフト社のCOO、エド・デ・レイス(Ed De Reyes)さん

その内容は、日本の東北地方または北海道を離陸し、サンノゼ北部にあるモフェット空港(Moffet Federal Airport)までの約4500カイリ(約8300km)の間を、ドローンでノンストップ飛行させようというものです。

ドローンレースを企画した理由についてエド・デ・レイスさんは、「航空界では1908年のドーバー海峡横断や1927年のリンドバーグによる大西洋横断、そして1986年のボイジャー号による無着陸・無給油による世界一周飛行などのチャレンジが行われ、技術の進歩が行われてきた。ドローンによる太平洋横断レースを実現することによってドローン技術をまた一歩、進化させたい」と語っています。

日本からサンノゼまで約4500カイリを無着陸で飛行させるドローンレースの意義

日本からサンノゼまで約4500カイリを無着陸で飛行させるドローンレースの意義

現地のテレビ局からの取材も受けていた

現地のテレビ局からの取材も受けていた

サンノゼ北部にあるモフェット空港(赤矢印)。サンフランシスコ湾の最南端に面している

サンノゼ北部にあるモフェット空港(赤矢印)。サンフランシスコ湾の最南端に面している

これだけの距離を飛ばす必要があるので、ドローンと言っても工事現場の空撮に使われている小さなものではなく、実物のセスナ機くらいの大きさを想定しています。

サブリューイング・エアクラフト社はレースの主催者になるべく、スポンサーを募集しているほか、自社でもチームを結成して出場したいとのこと。

同社がこのドローンレース用に構想している機体は、電動ファンを動力源とした幅9.1m、長さ6mのもので、高さ2万1000フィート(約6700m)を巡航速度100ノットで飛行できるものです。

ドローンには通常の飛行機と同じく、航空官制官と交信できる無線機を搭載し、衛星通信を使って地上から遠隔操作することで、有人機と同じ方式で飛行できるようにするとのことです。

サブリューイング・エアクラフト社チームが計画しているドローン

サブリューイング・エアクラフト社チームが計画しているドローン

さすが、アメリカらしい壮大な構想だなと、感心していたところ、この計画には

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

日本人が参画していた

 

ことが明らかになりました。

東京・新宿にあるアイ・ロボティクスで財務担当取締役を務める齋藤和紀さんがその人で、ベンチャー業界での資金調達などのノウハウを生かして、エドさんらとともにこのプロジェクトを進めています。

アイ・ロボティクスの齋藤和紀さん(左)とエド・デ・レイスさん

アイ・ロボティクスの齋藤和紀さん(左)とエド・デ・レイスさん

一見、無謀にも思えるこのプロジェクトですが、現実には米軍が無人偵察機を飛ばすなど、実機サイズのドローンは既にどんどん世界の空を飛行しています。

“日本発”のこのプロジェクトを、ぜひ、実現してほしいですね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください