撮るだけで寸法、温度を計測!3D・赤外線カメラ搭載のタフパッドが登場

2017年10月4日

管理人のイエイリです。

パナソニックの「タフパッド」は、雨や粉じん、落下などの過酷な使用に耐える頑丈なタブレットとして、様々な現場で使われています。

今回、タフパッドの「FZ-M1」に画期的な機能を追加したモデルとして新たに2つのソリューションモデルが開発されました。

その一つ、「空間採寸ソリューション」は、現場でコンクリートのひび割れや立体物などに向けると、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

寸法を計測

 

することができるのです。

 

タフバッドの「空間採寸ソリューション」モデル。現場でひび割れなどを撮る(以下の写真、資料:パナソニック)

タフバッドの「空間採寸ソリューション」モデル。現場でひび割れなどを撮る(以下の写真、資料:パナソニック)

するとひび割れの寸法が画面上で計測できる

するとひび割れの寸法が画面上で計測できる

橋やトンネルなど、コンクリート構造物の点検時にひび割れの長さを測りたいとき、足場がないと近寄れない場所も多いですね。

そんなとき、このモデルを使うと約40cm~10mの距離から対象物を撮影すると、対象物までの距離を割り出し、続いて長さなどをスピーディーかつ正確に計測できるのです。

その秘密は、本体の裏側に搭載された左右のカメラからなる「3Dカメラ」にあります。ここにはIntel社の3Dカメラ技術「Intel® RealSens
テクノロジー」が使われています。

裏側には左右のカメラからなる3Dカメラが付いている。写真は赤外線サーモグラフィーカメラも搭載したモデル

裏側には左右のカメラからなる3Dカメラが付いている。写真は赤外線サーモグラフィーカメラも搭載したモデル

3Dカメラによる寸法測定の原理

3Dカメラによる寸法測定の原理

立体の寸法測定も可能です。例えば箱のようなものを撮ると、縦、横、高さなどの寸法がわかります。現場での施工管理にも役立ちそうですね。

20171004-image01

立体物を撮影する

立体物を撮影する

今回、新たに開発されたもう一つのモデルは、本体裏に赤外線サーモグラフィーからが搭載された「温度センシングソリューション」です。

裏面に赤外線サーモグラフィーカメラを搭載した「温度センシングソリューション」

裏面に赤外線サーモグラフィーカメラを搭載した「温度センシングソリューション」

このタフパッドで設備などを撮影すると

 

温度分布が一目瞭然

 

にわかります。

このモデルには、FLIR Systems社の赤外線サーモグラフィーカメラモジュールを採用しており、対象物が発する遠赤外線を測定することで、-10~450℃の温度を測れます。

写真と対比して、現場の温度分布が一目瞭然にわかる

写真と対比して、現場の温度分布が一目瞭然にわかる

温度を数値データとして表示することも可能だ

温度を数値データとして表示することも可能だ

パナソニックでは、これらのソリューションを2018年春に発売する予定とのことです。建設業でも施工管理や点検などに、大いに活躍しそうですね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください