スマホで運転!竹中工務店らが全方向クローラー型搬送ロボを開発

2017年11月8日

管理人のイエイリです。

工事現場では台車に重い資材を載せて、作業場所まで運ぶことがよくあります。

しかし、工事用エレベーターに乗せるために狭い場所で切り返しをしたり、手作業で台車に資材を載せ替えたりするのは重労働で大変ですね。

そこで竹中工務店は岡谷鋼機、トピー工業と共同で、クローラー型搬送支援ロボット「クローラーTO(トゥ)」を開発しました。

クローラー型だから、きっとその場でくるりと回る「超信地旋回」もできるので、エレベーター前の切り返しも楽になるのだろうなと思っていたら、実は“ナナメ上”の機能を持っていました。

クローラーには「OMNICRAWLER(オムニクローラー)」という特殊なものを採用しているので、超信地旋回はもちろんのこと、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

斜め方向や横方向

 

を含め、全方向に平行移動することができるのです。

「OMNICRAWLER」を採用した全方向クローラー型搬送支援ロボット「クローラーTO」の構造(以下の資料:竹中工務店、岡谷鋼機、トピー工業)

「OMNICRAWLER」を採用した全方向クローラー型搬送支援ロボット「クローラーTO」の構造(以下の資料:竹中工務店、岡谷鋼機、トピー工業)

ロボットの大きさは幅54cm×長さ92cm×高さ24.6cmで、本体重量は120kgとコンパクトですが、積載量は500kg、けん引は1tまでというパワーを秘めています。

そして荷物などを持ち上げる「リフター機構」を4台装備しているので、台車などの下に潜ってからリフターで持ち上げると、台車ごと作業場所に運ぶことができます。

走行速度は時速3kmと結構速く、25mmの段差も乗り越えられます。稼働時間は2~4時間とのことです。

「クローラーTO」の運転風景。重量物を載せた台車の下に潜り、リフター機構で持ち上げて台車ごと搬送できる

「クローラーTO」の運転風景。重量物を載せた台車の下に潜り、リフター機構で持ち上げて台車ごと搬送できる

そして、運転は

 

スマートフォンとWi-Fi

 

で操作するという手軽さです。

そのため、女性作業員や高齢作業員でも手軽に重量物を運ぶことができます。今後は自動運転など、現場の生産性向上をさらに高める進化にも期待が高まりますね。

全方向に進める「OMNICRAWLER」は、東北大学大学院 情報科学研究科 多田隅建二郎准教授の研究成果をベースに、トピー工業が実用化を進め、商標や特許出願を行いました。

このロボットは2018年2月をメドに、レンタルや販売を開始する予定です。また、本日(2017年11月8日)~11日までポートメッセなごやで開催される「メッセナゴヤ2017」で、岡谷鋼機のブースに展示されます。気になる方は見に行ってみてはいかがでしょうか。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください