建設予定地で建物をリアルにプレゼン!大東建託が「HoloLens」を全国導入

2017年12月8日

管理人のイエイリです。

現場の風景と、建物の3Dモデルを実寸大で重ねて見られるAR(拡張現実)用のゴーグル型コンピューター、「Microsoft (マイクロソフト)HoloLens(ホロレンズ)」が建設・不動産業界からの熱い注目を集めています。

ホロレンズを装着して建設予定地を眺めると、その場に建物の3Dモデルが実寸大で立体的にリアルに表示され、まるでそこに完成した建物が建っているかのように見えるのです。

この臨場感あふれるプレゼンテーション効果を確信した大東建託の建築事業部は、12月からホロレンズを

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

全国17拠点で導入

 

することになりました。(大東建託のプレスリリースはこちら

建設予定地でのホロレンズ活用イメージ(以下の資料:大東建託)

建設予定地でのホロレンズ活用イメージ(以下の資料:大東建託)

ホロレンズの活用イメージとしては、建設予定地でこれから建設する建物を実物大スケールで見ながら、周辺環境との親和性や、日当たりなどの確認があります。

また、マンションの現場見学会などでは、来場者全員がどんな建物ができるのかというイメージを共通化することで、個人ごとの理解の違いなどを防ぐことにも役立ちます。

パソコン画面などでBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)モデルやCG(コンピューターグラフィックス)を見たり、ウオークスルーしたりするのに比べて、1/1スケールだけに縮尺による“省略感”がありません。

そのため、実際の周辺環境の中で、完成後のイメージを細かいところまで確認や検討ができるというわけです。

また、建設予定地に行けない遠隔地のオーナーは、自宅や大東建託の事務所で、机上に30分の1スケールの完成予想建物を表示し、外観デザインなどを全天全周から確認することができます。

遠隔地のオーナーなどの利用イメージ。机上に建物映像を表示し、周囲360°から建物のデザインなどを確認できる

遠隔地のオーナーなどの利用イメージ。机上に建物映像を表示し、周囲360°から建物のデザインなどを確認できる

こうなると、

 

巨大な“建築模型”を持参

 

して、施主に迫力ある営業ができるわけですね。

また、ホロレンズを着けた人が見ている映像を、Wi-Fi経由でタブレットに送り、その場にいる人が同時にその映像を見られるシステムも12月中旬に導入します。

ホロレンズの映像を周りの人が見られるシステムのイメージ図

ホロレンズの映像を周りの人が見られるシステムのイメージ図

こうすることで、ホロレンズを着けた人が「ここがスゴイ!」とか「ここがイマイチね」とか言っているときに、どこのことを言っているのが周りの人にもよくわかります。

BIMと同様に、建物のどの部分かを「これ」とか「あれ」といった簡単な言葉で表しながら、スピーディーに会話や検討が進むという点でも、ホロレンズは効果がありそうですね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください