送電線下で安全にクレーン作業!駒井ハルテックの橋梁CIM力

2017年12月22日

管理人のイエイリです。

国土交通省の「i-Construction」施策は、土工が先行していますが、3Dで施工方法などを検討する橋梁分野のCIM(コンストラクション)活用も進化してきました。

例えば駒井ハルテック(本社:東京都台東区)は、既にほとんどの橋梁工事でCIMを活用しています。

現在、施工中の「平成29年度東海環状福田第1高架橋外回り鋼上部工事」(国土交通省中部地方整備局岐阜国道事務所発注)では、7径間の鋼製橋桁(橋長228m)を、詳細にCIMモデル化したうえ、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

現場の点群データと合成

 

して、部材同士の干渉チェックや維持管理時導線チェックを行っているのです。

干渉チェックや導線チェックに使われた詳細なCIMモデル(以下の資料:駒井ハルテック、オフィスケイワン)

干渉チェックや導線チェックに使われた詳細なCIMモデル(以下の資料:駒井ハルテック、オフィスケイワン)

橋脚や電線などを3Dレーザースキャナーで計測した点群データと橋桁のCIMモデルを合成した例

橋脚や電線などを3Dレーザースキャナーで計測した点群データと橋桁のCIMモデルを合成した例

橋桁のCIMモデル作成は、オフィスケイワン(本社:大阪市西区)の「Click3D」というソフト、部材の干渉や導線のチェック、点群とCIMモデルの合成はオートデスクの「Navisworks」でそれぞれ使いました。

また、点群データの計測は、トプコンの3Dレーザースキャナー「GLS-2000」を使って2日間で行い、点群処理はアイサンテクノロジーの「WingEarth」というソフトを使ってオフィスケイワンが行いました。

このほか、クローラークレーンなどを配置した施工計画モデルをAutoCAD作り、架設時のクレーンの動きをシミュレーションしました。

橋梁全長にわたって施工計画を3Dモデルで作成し、クレーンの動きなどをシミュレーションした。太い赤線は送電線から半径6mの空間を表示したもの

橋梁全長にわたって施工計画を3Dモデルで作成し、クレーンの動きなどをシミュレーションした。太い赤線は送電線から半径6mの空間を表示したもの

その結果、気付いたのは送電線の下でクレーン作業をするとき、クレーンのブーム先端と送電線が近いのではないか、ということでした。

そこで、今度は送電線の点群データとクレーンの3Dモデルで干渉チェックを行ったところ、送電線から半径6mの

 

警戒エリアとブームが干渉

 

していることがわかったのです。

干渉チェックの結果、送電線から6m以内の警戒エリアの中にブーム先端が入っていることが判明

干渉チェックの結果、送電線から6m以内の警戒エリアの中にブーム先端が入っていることが判明

干渉箇所の平面図

干渉箇所の平面図

そこで、3Dモデルから得られたデータを利用してブームの長さや角度を再検討して施工管理を行うとともに、これらを自動制御する方法も検討しているということです。

クローラークレーンの作業もCIMモデルによって精密化し、ICT土工でおなじみの「3Dマシンガイダンス」や「3Dマシンコントロール」のようなシステムが使われる時代になってきたようです。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください