事業者もビックリ!周辺住民が新幹線工事をCIMモデル化

2018年2月9日

管理人のイエイリです。

ある町で昨年末に、新幹線の建設工事が始まりました。それに先立って行われた周辺住民向けの工事説明会では、高架橋などの2D図面を使って説明が行われました。

20180209-image03

この説明会に参加したある周辺住民は、自宅のすぐ近くで工事が行われることを知ったそうです。

しかし、これらの図面から工事が自分たちの生活や景観にどのような影響があるのかをリアルに想像することはできませんでした。

そこで、これらの図面を元に、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

住民自身がCIMモデル化

 

してしまったのです。

20180209-image07

元の2D図面に比べると、3DのCIMモデルは圧倒的にリアルでわかりやすいですね。

CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)モデルの作成方法ですが、まずは事業者から平面図や断面図のCADデータをもらい、地図上で位置合わせを行いました。

さらに国土地理院がウェブサイトで公開している10mメッシュの標高データや真上から撮影した「オルソ画像」、現況建屋などのデータをダウンロードして合成し、3Dの街並みを作りました。

そして3次元CADソフトで作成した高架橋の3Dモデルを街並みと合成したのです。

20180209-image0520180209-image06

20180209-image08

出来上がったCIMモデルを使うと、クルマを運転中にどのように現場が見えるのかや、日時を指定して高架橋が周辺にどのような影を落とすかといったことが、まるで現場に立っているかのようによくわかります。

20180209-image09

このCIMモデルを見た事業者も

 

わかりやすさに感動

 

していたそうです。

ちなみに、このCIMモデルは、オートデスクでCIMソフトなどのマーケティングを担当する野坂俊司さんが、同社のエンジニアの協力を得て作成しました。

使用ソフトですが、高架橋の3Dモデル作成はAutoCAD Civil 3D、街並みと高架橋を合成したCIMモデル作成はInfraWorksと、オートデスクの代表的CIMソフトでした。

20180209-image01

これでCIMのメリットを実感する発注者や建設会社の関係者は、確実に増えたことは間違いありませんね。さすがです!

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください