HoloLensを側溝の施工に活用!大林組が丁張りレス施工に成功

2018年3月9日

管理人のイエイリです。

現実の風景の上に3Dモデルを重ねて見られるAR(拡張現実)用のゴーグル型コンピューター、「Microsoft HoloLens」の建設業で注目を集めています。

AR用のゴーグル型コンピューター、「Microsoft HoloLens」(以下の写真:特記以外は家入龍太)

AR用のゴーグル型コンピューター、「Microsoft HoloLens」(以下の写真:特記以外は家入龍太)

大林組は岩手県山田町の道路工事現場で切り土法面の「小段」に設置する排水用の側溝をHoloLensによって、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

丁張りレス施工

 

しているのです。

岩手県山田町で行われている側溝の施工

岩手県山田町で行われている側溝の施工

まずは、3Dマシンガイダンス機能付きのバックホーで、溝を掘ります。

3Dマシンガイダンス付きのバックホーで溝を掘削する(写真:大林組)

3Dマシンガイダンス付きのバックホーで溝を掘削する(写真:大林組)

バックホーの運転席にあるモニター。掘削断面とバケットの現在位置が表示されている(写真:大林組)

バックホーの運転席にあるモニター。掘削断面とバケットの現在位置が表示されている(写真:大林組)

続いて、プレキャストコンクリート製のU字溝を溝の中につり下げ、水平方向と高さを調整します。

普通は、溝の横に「水糸」を張って、その位置を基準に高さや位置を調整しますが、この現場ではHoloLens上に表示されるU字溝の上端の線を頼りにU字溝を設置していきます。

HoloLensを着用した職人さん

HoloLensを着用した職人さん

職人さんのHoloLensを通して見た現場

職人さんのHoloLensを通して見た現場

HoloLensだけでも

 

プラスマイナス30mm

 

程度の精度で設置できますが、職人さんのこだわりでさらに精度よく設置するため、現場では測量機とプリズムも併用していました。

U字溝が正しく設置されているかを確認する。HoloLensだけでも±30mm程度の精度は確保できるが、さらに精密に設置するためプリズムと測量機も併用した

U字溝が正しく設置されているかを確認する。HoloLensだけでも±30mm程度の精度は確保できるが、さらに精密に設置するためプリズムと測量機も併用した

なお、元データとなった3Dモデルの作成や、HoloLensに3Dモデルをインプットするソフト「GyroEye Holo」用へのデータ変換は、すべて大林組の現場職員が行っています。

3Dモデルから現場に直接、HoloLensで墨出しができると、作業にじゃまな水糸が不要になるので、作業がはかどります。

また、測量機を使うとカーブしている現場ではレーザー光が届きにくかったり、U字溝の設置中にレーザー光を遮らない姿勢で作業する必要があったりしますが、HoloLensを使うと楽にできます。

HoloLensによって建設現場でのAR活用がますます進みそうですね。

側溝の工事関係者

側溝の工事関係者

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください