ARでお部屋探し!スマホを街並みに「かざして検索」するアプリが登場

2018年5月29日

管理人のイエイリです。

街を歩いているとき、「ここはいい街並みだな」「こんなところに住んでみたいな」と思うこともあるでしょう。

しかし、アパートやマンションの空室や販売物件を調べるためには、現在の住所を確認したうえ、不動産会社のウェブサイトなどで探す必要があります。

現在地を中心にして、いい物件を探すのは手間ひまがかかりますね。

そこで不動産情報サイトを運営するLIFULL(ライフル)は、スマートフォン用の物件検索アプリ「LIFULL HOME’S」に、画期的な機能を追加し、iOS版を2018年5月24日にリリースしました。(Android版は6月中旬リリース予定)

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

スマホを街並みにかざす

 

だけで、スマホの画面に映っているエリアにあるマンションやアパートの空室や売り物件をスピーディーに探せるのです。

スマホを街並みにかざすだけで空室や売り物件がわかる「かざして検索」(資料:LIFULL)

スマホを街並みにかざすだけで空室や売り物件がわかる「かざして検索」(資料:LIFULL)

「かざして検索」機能が追加された「LIFULL HOME'S」のApp Storeプレビューサイト(資料:アップル)

「かざして検索」機能が追加された「LIFULL HOME’S」のApp Storeプレビューサイト(資料:アップル)

その名も名実通り「かざして検索」という機能で、AR(拡張現実)技術を使って街なかの物件を、直感的に探せるものです。

散歩中に目にとまったマンションにカメラをかざすと、空室があればアイコンが表示され、そこから間取りや家賃をチェックすることができます。

対象物件数は約100万件で、居住用の賃貸物件や新築・中古マンションが対象です。対象エリアも全国となっています。

アプリの開発には、かなりの技術が使われています。例えば、カメラに映った映像から

 

AIで建物を判別

 

する技術や、現在位置とカメラの向きから建物の位置を推定する技術、物件情報データベースからその建物や周辺の建物を検索する技術などを、LIFULLが独自に開発しました。

そしてこれら一連の技術は特許出願中とのことです。

「LIFULL HOME’S」アプリや「かざして検索」機能は無料で使えますので、スマホを持っている方は試してみてはいかがでしょうか。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください