タブレットに施工を“実況中継”!三井住友建設がトンネル覆工を自動化

2018年5月21日

管理人のイエイリです。

山岳トンネルの工事では、発破によって掘削した岩盤の内側に「覆工コンクリート」というコンクリート壁を打設します。普通は「アーチセントル」という鋼製の移動式型枠を現場に設置し、下から上へと順番に生コンクリートを打設し、締め固めていきます。

施工途中には、型枠に設けた開閉式の窓を開けてコンクリートの高さを確認したり、生コン配管の注入位置を切り替えたりと、人間による多くの手作業が必要でした。

そこで、三井住友建設岐阜工業(本社:岐阜県瑞穂市)はこの作業の省力化と品質アップを行うため、SMC-Tunnelingシリーズ「自動 de 覆工」というシステムを共同開発しました。

山岳トンネルの覆工コンクリート打設作業を自動化した「自動 de 覆工」の全体イメージ図(以下の資料:三井住友建設)

山岳トンネルの覆工コンクリート打設作業を自動化した「自動 de 覆工」の全体イメージ図(以下の資料:三井住友建設)

その特徴は、時々刻々と進む覆工コンクリート打設作業中に、コンクリートの打設高さや使用中のコンクリート配管など、作業の状況を

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

タブレットに“実況中継”

 

しながら、一元管理できることなのです。(三井住友建設のリリースはこちら

施工管理者のタブレット端末に“実況中継”された覆工コンクリート打設工事の状況

施工管理者のタブレット端末に“実況中継”された覆工コンクリート打設工事の状況

コンクリートの打設高さは、高さ50cm間隔でアーチセントルの表面に設置したセンサーで検知し、生コンクリートの圧送速度や使用中のコンクリート配管もデータ化してシステムに送られます。

現場の技術者は、タブレットに表示された情報を見ながら施工管理を行い、圧送に使用するコンクリート配管の変更や圧送停止などの指示を、タブレット上で行うことができます。

コンクリート配管には

 

自動配管切り替え装置

 

が付いているので、自動的に所定の配管に切り替わるのです。そのため、力仕事はいりません。

岐阜工業の工場内で実証実験を行った「覆工コンクリート打設システム」。写真中央部に自動配管切り替え装置が見える

岐阜工業の工場内で実証実験を行った「覆工コンクリート打設システム」。写真中央部に自動配管切り替え装置が見える

三井住友建設では、今後はさらに、コンクリートを締め固めるバイブレーターや、コンクリート圧送ポンプの自動制御などと連動させて、このシステムを進化させていく予定です。

人間による手作業から機械による省人化へと、トンネル工事は少子高齢化時代による労働人口不足に、着々と対応が進んでいるようですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください