あのBIMStormが10周年に!“仮想BIMコンペ”の手法はさらに進化していた

2018年6月7日

管理人のイエイリです。

3D計測をテーマとしたイベント「SPAR 3D」と、建築のIT技術をテーマにしたイベント「AEC NEXT」は、今年6月5日~7日の間、米国ロサンゼルスのアナハイムで同じ会場で開かれています。

「SPAR 3D」と「AEC NEXT」が同時開催されているアナハイムコンベンションセンター(写真:家入龍太)

「SPAR 3D」と「AEC NEXT」が同時開催されているアナハイムコンベンションセンター(写真:家入龍太)

開幕一番の講演を行ったのは、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を使って24時間とか48時間とかの短時間で課題の建物を設計する“仮想BIMコンペ”の元祖とも言える「BIMStorm」の生みの親であるキモン・オーヌマ(Kimon Onuma)氏と、ステファン・ハガン(Stephen Hagan)氏だったのです。

講演するキモン・オーヌマ氏(左)とステファン・ハガン氏(右)

講演するキモン・オーヌマ氏(左)とステファン・ハガン氏(右)

BIMStormのウェブサイト

BIMStormのウェブサイト

もはや、米国ではBIMは当たり前になったので、BIMStormの役目は終わったのではと思っていたところ、まだ建物設計のトレーニングや実際のプロジェクトの合意形成などで使われており、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

2018年で10周年

 

を迎え、ますます進化しながら、BIMの新しい活用を切り開いていることが明らかになったのです。

10周年を迎えた「BIMStorm」のイメージ

10周年を迎えた「BIMStorm」のイメージ

例えば、昨年はカリフォルニア州のサンノゼ国際空港の職員を対象に、将来の国際線の増加に対応するための、ターミナルビルの拡張工事のトレーニングを行いました。

日本からもANAのボーイング787型機が就航しているサンノゼ国際空港のイメージ図

日本からもANAのボーイング787型機が就航しているサンノゼ国際空港のイメージ図

サンノゼ国際空港の拡張工事では、単に部屋だけでなくゲート脇に止まる飛行機のことも考えなければいけません。

国際線で使われるボーイング787型機は、国内線で使われるボーイング737型機などに比べるとかなりサイズが大きく、ゲートの間隔も広くする必要があります。

そこで、ターミナルビルを構成する待合室や乗降用のボーディングブリッジなどのBIMパーツに加えて、同じスケールの飛行機や飛行機同士の離隔用のBIMパーツも用意。

これらをレゴブロックのように組み合わせることによって、飛行機の大きさや荷物、機内食などを運搬するサービス車両の動線も確保したプランを作り上げたのです。

ターミナルビルの各部パーツのほか飛行機や離隔、サービス車両などのBIMパーツも用意した

ターミナルビルの各部パーツのほか飛行機や離隔、サービス車両などのBIMパーツも用意した

パーツをレゴブロックのように組み合わせて、飛行機の大きさを考慮したターミナルビルのBIMモデルを作っていく

パーツをレゴブロックのように組み合わせて、飛行機の大きさを考慮したターミナルビルのBIMモデルを作っていく

建設コストもBIMモデルと連動してはじき出される

建設コストもBIMモデルと連動してはじき出される

3Dビューで見るとターミナルビルのBIMモデルになっていた

3Dビューで見るとターミナルビルのBIMモデルになっていた

驚いたのは、そのスピードです。最初に必要なBIMパーツが出てきてから、そこそこのBIMモデルができるまでの時間は、ゲートを10個持ったターミナルビルの場合でも、

 

わずか30分程度で完了

 

してしまうそうです。

ゲートが10個あるターミナルビルも、30分程度でBIMモデルができてしまう

ゲートが10個あるターミナルビルも、30分程度でBIMモデルができてしまう

BIMパーツは部屋ごとに必要な家具などもセットになっており、オーヌマ氏が開発したクラウドシステム「オーヌマシステム」上で必要な部屋の種類や数などを選ぶと、BIMソフトの上に必要なパーツが用意される仕組みです。

BIMStormでは、以前からこのシステムが使われていましたが、BIMの自動設計が課題になってきた今、その先見性があらためて注目されそうです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください