SketchUpを手軽にVR化!CSTとアルファコックスが手を組んだ

2018年6月4日

管理人のイエイリです。

3Dデザインの入門者のほか、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)、CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)ソフトユーザーにも人気がある3Dデザインソフトが、アルファコックスが販売する「SketchUp Pro」です。

このソフトで作った3Dモデルを

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

手軽にVRコンテンツ化

 

できるプラグインソフトが、近く登場されることになりました。(コンピュータシステム研究所のプレスリリースはこちら

SketchUp Proで作った3Dモデル(以下の資料:コンピュータシステム研究所)

SketchUp Proで作った3Dモデル(以下の資料:コンピュータシステム研究所)

VRゴーグルにより実寸大で立体視できるVRコンテンツに変換

VRゴーグルにより実寸大で立体視できるVRコンテンツに変換

20180604-image04

このプラグインソフトは、アルファコックスとコンピュータシステム研究所(以下、CST)が、「3次元設計及びプレゼンテーション技術」の分野で技術提携を行うことにより実現したものです。

アルファコックスは、米トリンブル社が開発・提供する「SketchUp」の日本総代理店として、国内で数万人を超えるユーザー基盤を持っています。

一方、CSTは、建築3次元CADや住宅プレゼンシステムなど、様々な建築・住宅ソリューションを提供しています。

今回の技術提携は、アルファコックスが持つ販売力、顧客基盤と、CSTが持つ建築・住宅分野におけるCG・VRの技術力・開発力を活かして、両社のユーザーがCGやVRなどの新技術を活用し、

 

設計業務の効率化

 

を実現することを目指しています。

アルファコックスとコンピュータシステム研究所の連携イメージ

アルファコックスとコンピュータシステム研究所の連携イメージ

提携の第一弾として、2018年6月8日に東京を皮切りに、名古屋、仙台、札幌、福岡の5都市で「SketchUp Pro パワーアップセミナー」を開催します。ご興味のある方は、アルファコックスのホームページで詳細を確認のうえ、お申し込みください。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください