ステレオカメラとAIで路面診断!リコーのシステムが市道測定にGO

2018年9月13日

管理人のイエイリです。

道路の維持管理業務ではまず、路面の劣化状態を正確に把握することから始まります。

そこで、3Dレーザースキャナーをクルマに搭載し、走行しながら路面の形状を計測する「MMS(モービル・マッピング・システム)」というシステムが使われていますが、リコーはこれとは違った手法を開発しました。

路面性状モニタリングシステム」というものですが、わだち掘れや平たん性の計測に。

ナ、ナ、ナ、ナント、

複数のステレオカメラ

を使っているのです。(リコーのプレスリリースはこちら

路面性状モニタリングシステムを搭載した車両(以下の写真、資料:リコー)

路面性状モニタリングシステムを搭載した車両(以下の写真、資料:リコー)

道路の維持管理では、路面状態を総合的に表す指標として「MCI(Maintenance Control Index)値」が使われています。MCIは「ひび割れ率」、「わだち掘れ量」、「平たん性」のデータから算出されます。

このうち、わだち掘れ量と平たん性の測定に、ステレオカメラによる撮影を使っているのです。その精度は、手作業での計測に使われているプロファイルメーターに比べて、わだち掘れが±3mm以内、平たん性の標準偏差が±30%以内となっています。

ステレオカメラよるわだち掘れの計測イメージ

ステレオカメラよるわだち掘れの計測イメージ

また、ひび割れは、路面の「輝度画像」をAI(人工知能)で自動判別することによって、1辺50cmのメッシュ内にあるひび割れの本数を読み取ります。

1辺50cmのメッシュ内にあるひび割れ本数をAIが自動判定する●

一度、路上を走行するだけで「ひび割れ率」、「わだち掘れ量」、「平たん性」のデータからMCI値を算出し、地図上に舗装の劣化度を可視化することができるのです。

MCI値によって舗装の劣化度を可視化したもの。MCIは5以下が「望ましい」、4以下が「修繕が必要」、3以下が「早急に修繕が必要」とされている

MCI値によって舗装の劣化度を可視化したもの。MCIは5以下が「望ましい」、4以下が「修繕が必要」、3以下が「早急に修繕が必要」とされている

このシステムはこのほど、土木研究センターが実施した「路面性状自動測定装置の性能確認試験」に合格しましたが、

ステレオカメラ方式では初めて

とのことです。

この合格で、公共事業の路面性状調査業務の実施が可能となり、リコーは受託業務として自治体が管理する市道の測定を開始します。

このシステムで使われているステレオカメラは、工場のファクトリー・オートメーションや物流、セキュリティーなどの産業分野で使われているものだそうです。

建設業の施工管理や維持管理がIT化されることにより、他産業で培われてきた技術も今後、どんどん使われていきそうですね。

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください