3Dデータ、図面を1日で提供!テラドローンが土砂災害現場をレーザー計測

2018年9月27日

管理人のイエイリです。

2018年7月に発生した西日本豪雨や9月に発生した北海道胆振東部地震などでは、大規模な土砂崩れが各地で発生しました。

こうした現場の早期復旧には、まず被害状況を正確に把握することが重要ですが、調査しようにも現場に近づけないことも多くあります。

そこでドローン事業を展開するテラドローン(本社:東京都渋谷区)は、土砂崩れで寸断されたある道路の調査に

3Dレーザースキャナー

を搭載したドローン(無人機)を使用して、被災状況を迅速かつ正確に把握することに成功しました。(プレスリリースはこちら

3Dレーザースキャナーを搭載したドローン(以下の写真、資料:テラドローン)

3Dレーザースキャナーを搭載したドローン(以下の写真、資料:テラドローン)

土砂崩れで寸断された道路の空撮写真

土砂崩れで寸断された道路の空撮写真

上の現場写真を見ると、山腹が円弧すべりのように大規模に崩壊し、道路が途切れているのがわかります。

道路を復旧させるためには、崩壊した地盤ともとの道路面の高低差や、崩壊した土砂の体積などが正確にわからないと、道路の方法の検討もそれだけ遅れることになります。

今回、ドローン搭載のレーザースキャナーという計測手段を用いたことで、人間では立ち入りが難しい現場にアクセスできたほか、現地での作業時間を大幅に短縮することができました。測量精度も500分の1と、極めて高精度です。

そして、復旧工事を行うための地形データや図面を

計測後、1日で提供

することができたのです。

ドローン搭載のレーザースキャナーで計測した現場立体図

ドローン搭載のレーザースキャナーで計測した現場立体図

地形の形状を表した等高線図

地形の形状を表した等高線図

これだけ詳細なデータがすぐに得られれば、復旧方法も道路の付け替えか、仮桟橋の建設か、またはトンネルの建設かといった方法や、それぞれに必要な資材やコストもすぐに検討できそうですね。

テラドローンでは今後も西日本豪雨や北海道胆振東部地震の被災地での調査・計測業務を行っていくそうです。

またテラドローンでは、ドローンの長距離飛行を可能にする運行管理システム「Terra UTM」を開発し、送電線に沿ったドローンの自動制御にも成功しています。(プレスリリースはこちら

これからは災害が起こったとき、ドローンが取りあえず現場に急行し、現場の状況を空撮やドローン測量で偵察してくるのが普通になってくるのかもしれませんね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください