高さ59mの実物大スケール!史上最大の江戸城天守をARで再現

2018年10月4日

管理人のイエイリです。

東京・上野公園にある東京国立博物館には、VR(バーチャルリアリティー)で文化財を鑑賞体験できる「TNM & TOPPAN ミュージアムシアター」が併設されています。

シアターでは昨日(2018年10月3日)から12月24日まで、「江戸城の天守」というVR作品が上演されています。

100万を超える部材の一つ一つをデジタル化し、江戸城天守の優美な姿を再現した作品です。また、現代の東京の町並みと江戸城天守を合成した景色も見られるそうです。

しかし、お楽しみはそれだけではありません。シアターを出て、博物館の本館にスマートフォンを向けると、高さ約59mという日本に実在した城の中で最大と言われる江戸城天守の姿を、

ナ、ナ、ナ、ナント、

実物大スケール

で見られるのです。(プレスリリースはこちら

東京国立博物館の本館にスマートフォンを向けてみる(以下の写真、資料:東京国立博物館、凸版印刷)

東京国立博物館の本館にスマートフォンを向けてみる(以下の写真、資料:東京国立博物館、凸版印刷)

するとスマホの画面には本館の前に江戸城天守の迫力ある姿が実物大で現れる

するとスマホの画面には本館の前に江戸城天守の迫力ある姿が実物大で現れる

これはVR作品の上映の連動企画として行われているAR(拡張現実)体験イベントです。

ARアプリ「aug!オーグ」(無料)をApp Store(iPhoneの場合)またはGoogle play(Android端末の場合)でダウンロードし、本館前の「AR体験スポット」でアプリを起動し、本館にかざすと江戸城天守の姿が出現するというわけです。

AR体験場所はこちら

AR体験場所はこちら

本館自体を「マーカー」として利用しているのでしょうか。在りし日の建物を実物大ARで見る方法としては、面白いですね。

また、AR写真を「# トーハクで江戸城2018」のハッシュタグを付けてツイッターなどのSNSに投稿すると、

VR江戸城ステッカー

がもらえます。

縦12.5cm×横8cmのビッグサイズで、御朱印帳にも張れるそうです。

SNSに投稿するともらえるVR江戸城ステッカー

SNSに投稿するともらえるVR江戸城ステッカー

ステッカーをもらう方法は、SNS投稿画面をミュージアムシアター前カウンターのスタッフに見せるだけです。交換日時は12月24日までの水曜~日曜・祝日の9時30分~17時です。(火曜日は休演日のため実施なし)

  ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


家入龍太の最新刊!
BIMの全体像をザックリ
と解説!さらに初心 者向けに。
これだけ!BIM
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,700 (税別)
CIMの基本から活用事例までを初心者向けにやさしく解説
CIMが2時間でわかる本
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、日経BP社刊
価格: ¥2,800 (税別)
BIMとの連係、建て方も解説
図解と事例でわかるスマートハウス
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、翔泳社刊
価格: ¥1,800 (税別)
2時間でBIMをサクッと理解!
図解入門 よくわかる最新BIMの基本と仕組み
 全国書店、ネット書店で好評発売中!
家入龍太著、秀和システム刊
価格: ¥1,800 (税別)
「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください