ドローン用対空標識で杭の施工管理!大末建設がナイスな活用法で省人化

2018年10月1日

管理人のイエイリです。

ドローン(無人機)による地表面の測量で欠かせないのが「対空標識」です。ドローンから空撮した写真をパソコンなどで処理して3Dモデルを作る際に、座標がわかっている既知点として使います。

大末建設(本社:大阪市中央区)も数年前から現場の進ちょく管理や月次報告でドローンを使ってきましたが、このほどエアロセンス(本社:東京都文京区)が開発・製造・販売する対空標識「AEROBO Marker(エアロボマーカー)」を

ナ、ナ、ナ、ナント、

杭の墨出し作業

に活用し、省人化に成功したのです。(エアロセンスのプレスリリースはこちら

手前がエアロセンスのエアロボマーカー。GPS測位機能を内蔵しており、現場に設置してスイッチを入れると自動的にXYZ座標を計測する(写真:家入龍太)

手前がエアロセンスのエアロボマーカー。GPS測位機能を内蔵しており、現場に設置してスイッチを入れると自動的にXYZ座標を計測する(写真:家入龍太)

現場に設置したエアロボマーカー(以下の写真、資料:エアロセンス)

現場に設置したエアロボマーカー(以下の写真、資料:エアロセンス)

エアロボマーカーの位置を基準に墨出し作業を行った杭の図面

エアロボマーカーの位置を基準に墨出し作業を行った杭の図面

一般的な対空標識は、現場に配置した後、その位置をトータルステーションなどの測量機器で計測する必要がありますが、エアロボマーカーには、GPS(全地球測位システム)によって自動的に位置計測を行える機能を搭載しています。

大末建設の技術者は、この位置計測機能に着目し、墨出しの基準点座標の計測と、施工後の検査に活用しました。

その結果、従来は2人以上でメジャー計測で行っていたのと同様な検査が、マーカーを置くだけでXYZ座標の測位が行えるようになりました。

非破壊で正確、安全、安価な手法であることと、人為的なミスがない「簡単操作」であること、そして省人化につながるというメリットがありました。

建物が立ち上がっていく過程でも、

各階の墨出し基準ポイント

の計測に、便利に活用してるとのことです。

ドローン用のマーカーを杭心の位置管理や検査に使うとは。大末建設のナイスなアイデアには感動しました。

エアロボマーカーは、国土交通省の新技術情報システム「NETIS」にも登録(No.KT-180029-A)されていますので、土木工事でもいろいろなところで、従来の測量機器の代わりに使えそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください