木造復元後の内部をバーチャル見学!名古屋城天守閣のVR体験会が開催中

2018年10月10日

管理人のイエイリです。

太平洋戦争中の空襲で焼け落ちた名古屋城天守閣は、戦後、鉄筋コンクリートで再建されました。しかし、老朽化や耐震性の問題があるとして解体し、2022年には木造での復元工事が完成する予定です。

その木造復元後の内部を一足先にリアルに見られるイベントが、名古屋城で2018年11月30日まで開催されています。

復元後の名古屋城を3Dモデル化し、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

VRゴーグル

 

で、リアルに見学できるのです。

木造復元された名古屋城の内部。大天守5階を再現したVR作品(資料:竹中工務店)

木造復元された名古屋城の内部。大天守5階を再現したVR作品(資料:竹中工務店)

大天守3階の階段(資料:竹中工務店)

大天守3階の階段(資料:竹中工務店)

大天守1階の回廊(資料:竹中工務店)

大天守1階の回廊(資料:竹中工務店)

VR映像体験が行われている場所(資料:名古屋城公式ウェブサイト)

VR映像体験が行われている場所(資料:名古屋城公式ウェブサイト)

このイベントは「名古屋城天守閣木造復元イメージVR映像体験」というもので、名古屋城天守閣の木造復元イメージを360°のVR映像で約2分半、体験できるものです。

体験に使われるVR作品は、名古屋城天守閣整備事業の公募型プロボーザルで選定された竹中工務店が制作しました。

体験に使われるVRゴーグルは、クリーク・アンド・リバー(本社:東京都港区)が取り扱う「DEALENS K2+」というものです。高解像度のディスプレーを搭載し、パソコンやスマートフォンを必要としないコードレスタイプの一体型VRゴーグルです。

バーチャル見学に使われている一体型ゴーグル「IDEALENS K2+」(写真:クリーク・アンド・リバー)

バーチャル見学に使われている一体型ゴーグル「IDEALENS K2+」(写真:クリーク・アンド・リバー)

名古屋城の木造復元について、技術的なことは、インターネットで幅広く公開されています。例えば、竹中工務店の技術提案書は、A3判で69ページに及ぶ堂々たるもので、工法やコスト、工期などのほか

 

BIMによる納まり確認

 

などの内容も含まれています。

インターネットで公開されている竹中工務店の技術提案書(資料:竹中工務店)

インターネットで公開されている竹中工務店の技術提案書(資料:竹中工務店)

また、YouTubeには「名古屋城 天守閣木造復元イメージCG」(制作:竹中工務店)という動画も公開されています。

十年ほど前には各地のお城が“築城400周年”を迎え、石垣の補修工事などが行われましたが、今後はさらに一歩進んで、木造による復元工事も増えてきそうですね。

日本古来の築城技術に、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)やVRなどの最新技術を組み合わせたイノベーションに期待したいです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください