電柱に荷物が届く!関西電力らが全国初の宅配ロッカーサービスを試行

2018年11月5日

管理人のイエイリです。

電柱と言えば、「じゃまなもの」「街の景観を阻害するもの」と、これまではマイナスのイメージがつきものでした。

しかし、プラスの方向で電柱を見直してみれば、「街中、どこでもある」「電気が通っている」「1本ずつ位置情報がある」など、他にはない“特長”もあります。

ここに目を付けたのが、関西電力フルタイムシステム(本社:東京都千代田区)、日本ネットワークサポート(本社:大阪市中央区)の3社です。

関西電力らはこのほど、京都府精華町内にある3カ所のマンションで「電柱吊宅配ロッカーサービス」の試行を2018年11月1日~2019年3月15日まで行っています。

ナ、ナ、ナ、ナント、

電柱で宅配便を受け取れる

という全国初の画期的なサービスなのです。(関西電力のプレスリリースはこちら

マンション敷地内の電柱に設置された宅配ロッカー(以下の資料、写真:関西電力)

マンション敷地内の電柱に設置された宅配ロッカー(以下の資料、写真:関西電力)

宅配ロッカーの外観。3つの扉がついている

宅配ロッカーの外観。3つの扉がついている

明治時代に初めて電報のサービスができたとき、荷物も電線で送れると勘違いした人が、電柱に荷物をくくりつけたという逸話を聞いたことがあります。

100年以上たった現在、電柱で荷物を受け取ったり、場合によっては送ったりすることが実現するとは、意外なことですね。

使い方は、宅配便の配達員が荷物を届けに来たとき、不在の場合はこの宅配ロッカーに入れておきます。配達の着荷情報はメールで受取人に通知され、暗証番号または交通系のICカードでロッカーを解錠して荷物を受け取る、という流れです。

ロッカーで荷物を受け取るまでの流れ

ロッカーで荷物を受け取るまでの流れ

今回の試行は、(1)マンション棟内に宅配ロッカーの設置スペースがないこと、(2)敷地内や付近に電柱があること、(3)宅配ロッカーを設置しても通行の支障にならないこと、という条件を満たす場所が設置場所として選ばれました。

また、宅配ロッカーの利用にはヤマト運輸、佐川急便、日本郵便が協力し、歩道上の宅配ロッカー設置については精華町が協力しています。

マンションの敷地内に電柱があり、通行のじゃまにならないことを基準に設置場所が選ばれた

マンションの敷地内に電柱があり、通行のじゃまにならないことを基準に設置場所が選ばれた

3社の役割分担

3社の役割分担

こうした電柱の新しい用途開発のアイデアが出たきっかけは、関西電力が電柱の

オープンイノベーション

を目指して、2016年11月~12月に開催した電柱活用のビジネスアイデアコンテスト「Dentune(デンチューン)!! –電柱の新たな未来–」でした。

総勢117人、26チームが参加し、各チームが短時間で集中してアイデアを出し、競う「ハッカソン」と呼ばれるコンテストです。

電柱を休憩場所にする、電柱をシェアリング自転車の拠点にする、電柱にタクシーを配車するなど、様々なアイデアが出されました。

今回の宅配ロッカーは、これらのアイデアを参考にして生まれたようです。

2016年12月11日、大阪市で行われた「Dentune!!」の本選参加者たち

2016年12月11日、大阪市で行われた「Dentune!!」の本選参加者たち

この取り組みがうまく行くと、「電柱のある土地」の人気が高まるかもしれませんね。このほかにも、電柱を使った新しいサービスの登場を期待したいです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください