スマホ写真からBIMモデルを自動作成!JMがサービス開始

2018年11月2日

管理人のイエイリです。

店舗や住宅のリフォーム工事ではまず、既存の建物内部を計測し、設計のもととなる図面を作るところからスタートします。

しかし、部屋の縦横や梁の幅、高さ、開口部の幅など一つ一つの寸法を測りながら図面を作るのは大変な労力がかかります。

そこでJM(本社:東京都千代田区)は、この作業を大幅に省力化するため、「Matabee(マタベー)-INSIDE(インサイド)」(以下、MI)という画期的なサービスを、2018年11月1日に開始しました。

建物の内部をスマートフォンで撮影した写真から、

ナ、ナ、ナ、ナント、

BIMモデルを自動作成

してくれるのです。

スマホで室内を写真撮影(以下の写真、資料:特記以外はオートデスク)

スマホで室内を写真撮影(以下の写真、資料:特記以外はオートデスク)

20181102-arrow6時間以内(3Dモデルは12時間以内)

建物の平面図

建物の平面図

建物内部の3Dモデル

建物内部の3Dモデル

20181102-arrow24時間以内

建物のBIMモデル

建物のBIMモデル

その手順ですが、スマホを三脚に載せた専用器具に取り付けて部屋の真ん中に置き、上下に少しずつ角度を変えながら周囲を360度撮影します。そして、その写真はMIのクラウドサーバーに自動的に送られます。

専用器具による撮影イメージ(資料:insidemaps)

専用器具による撮影イメージ(資料:insidemaps)

すると6時間以内にまず、2次元平面図と3Dツアー(パノラマ写真)が自動的に作成されます。

それからさらに24時間以内に、オートデスクのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト「Revit」形式のBIMモデルデータが自動作成されるというわけです。

これらのデータは、JMのライフサイクル・マネジメント・システム(オートデスクのBIM 360 Docsを利用)で自動的に管理され、工事の協力開始などはインターネットを通じてBIMによるレイアウト検討や詳細設計、工事管理を進めていくことができます。

BIMを使ったレイアウト検討

BIMを使ったレイアウト検討

VRによる検討

VRによる検討

BIMによる詳細設計

BIMによる詳細設計

リニューアル工事の管理

リニューアル工事の管理

JMは当面、このサービスを事業者向けに提供します。気になるお値段ですが、100平米の店舗の場合、

3万1300円

とのことです。

2019年前半からは個人向けサービスのほか、中国や韓国などのアジア地域でもサービスを開始します。

写真から3DモデルやBIMモデルを作成するシステムは、米国カリフォルニア州のinsidemaps(インサイドマップス社)が開発しました。

このシステムには機械学習機能が採用されているため、複雑な構造の壁や小部屋なども自動認識されるため、修正作業の負担も少ないそうです。

ついに写真から既存建物のBIMモデルが自動作成される時代になりましたね。画期的な進化だと思いました。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください