BIMで監視カメラを減らす!大成建設が死角を防ぐツールを開発

2018年12月6日

管理人のイエイリです。

先日、東京・渋谷のハロウィーン騒ぎで軽トラックが横転される事件が起こりました。これまでなら、犯人は大都会の人混みに消えてしまっていたところです。

しかし、警察は監視カメラの映像を追跡する執念の捜査で、4人の犯人を逮捕したというニュースが飛び込んできました。防犯や防災では、監視カメラの重要性は増すばかりです。

カメラの設置場所や撮影角度を決めるとき、これまでは平面図を使って検討していたため、壁や柱などが多い空間では、死角ができないようなカメラ配置を求めることが困難でした。

そこで大成建設は、監視カメラの配置検討ツール「T-Sight simulator Security」を開発しました。建物空間のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)モデル上に監視カメラを配置し、シミュレーションすることで、

ナ、ナ、ナ、ナント、

死角をマップ上に表示

してくれるのです。

物販店舗を対象にした原設計のカメラの配置(上)の画質をシミュレーションした(下)。赤い部分が死角の分布を表す(以下の資料:大成建設)

物販店舗を対象にした原設計のカメラの配置(上)の画質をシミュレーションした(下)。赤い部分が死角の分布を表す(以下の資料:大成建設)

上の図は物販店舗のBIMモデル上に監視カメラを配置し、各カメラの画質や画角、距離に応じた解像度と、映る範囲や画質をシミュレーションした結果です。

カメラ周辺は顔認証まで可能な高画質(青い部分)であるのに対し、少し離れると人物特定までが可能な低画質(オレンジ色の部分)、さらには死角など(赤い部分)と色分け表示されるので問題箇所が一目瞭然です。

そこでBIMモデル上で青や黄色が多い部分のカメラを減らしたり、赤が多い部分が映るようにカメラを移動させたりしてシミュレーションを繰り返すことで、だんだん、死角の範囲を減らすことができます。

例えば、先ほどの原設計でカメラの配置や向きを変えていくと、死角の部分が少なくなるばかりか、

カメラ台数も削減

できてしまうのです。

監視カメラの配置や向きを改善した例。原設計では20台だったのが15台に削減されたうえ、死角の範囲も減っている

監視カメラの配置や向きを改善した例。原設計では20台だったのが15台に削減されたうえ、死角の範囲も減っている

複雑で大規模な建築空間や広い街区を数百台、数千台のカメラで監視するような場合は、このツールが特に効果を発揮しそうですね。

このツールは、同社が劇場やスポーツ施設などの設計で客席からの舞台の見やすさをシミュレーションするために開発した「T-Sight simulator」(詳細は、当ブログ2016年11月8日付けの記事を参照)を元に開発されました。

大成建設では駅や空港などの交通施設や商業施設、スポーツ施設など不特定多数の人が利用する施設や街の監視強化から、工場や倉庫などのセキュリティー強化、さらには医療・福祉施設での利用者の見守り強化などに、このツールを幅広く活用していく予定です。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください