ラズパイで動作!ウェザーニューズがAI動画解析で道路の異常発見

2019年1月7日

管理人のイエイリです。

道路の管理業務では、路面の状況を把握するのに、現場や定点カメラの映像を人間が目視で確認する方法が主流です。

そのため積雪や凍結、路面の損傷などが発生したときに、発見まで時間がかかったり、人によって判断にバラツキが生じたりすることもあります。

そこで天気情報会社のウェザーニューズは、クルマに載せたカメラによって撮影した高解像度の映像を、

ナ、ナ、ナ、ナント、

AIで動画解析

することによって、路面状況の変化を自動的に検知し、地図上にマッピングする技術を開発したのです。(ウェザーニューズのプレスリリースはこちら

車載カメラの映像から路面の異常を自動的に発見する「AI道路管理支援システム」(以下の写真、資料:ウェザーニューズ)

車載カメラの映像から路面の異常を自動的に発見する「AI道路管理支援システム」(以下の写真、資料:ウェザーニューズ)

このシステムは「AI道路管理支援システム」というもので、2019年夏までに実用化を目指しています。

車載カメラで撮影した高品質映像をリアルタイム解析し、道路管理者がクラウド上のコンピューターで見られるものです。リアルタイム解析が実用化されると、日本で初めての取り組みとなります。

動画解析には、画像解析や機械学習などの機能を持つオープンソースライブラリー「OpenCV」を使っています。

技術開発はウェザーニューズのほか、情報通信研究機構(NICT)やクレアリンクテクノロジー(本社:京都府相楽郡精華町)、IoTコンサルティング(本社:東京都港区)が協力しました。

「AI道路管理支援システム」の概念図

「AI道路管理支援システム」の概念図

リアルタイムに動画解析を行い、しかもクラウドにデータを送信するという処理に、どんなスゴいコンピューターが使われているのかと思いきや、

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)

という、通称“ラズパイ”と呼ばれている手のひらサイズのシングルボードコンピューターで動いているのです。

組み込みシステムなどに使われているラズパイの例。LED表示板を搭載したもので、今回の事例とは無関係です(写真:家入龍太)

組み込みシステムなどに使われているラズパイの例。LED表示板を搭載したもので、今回の事例とは無関係です(写真:家入龍太)

キーボードやモニターなどをつなぐとパソコンとして動作する(写真:家入龍太)

キーボードやモニターなどをつなぐとパソコンとして動作する(写真:家入龍太)

ウェザーニューズは凍結による路面の損傷を検知できるかを確認するため、2018年10月22~23日、盛岡市の協力を得て実証実験を行いました。その結果、路面の損傷を検知できることを確認したとのことです。

この冬は路面凍結や積雪の把握、道路の白線検知に関する実証実験を行います。

これだけの高性能なシステムが、オープンソースのソフトや、安価なシングルボードのコンピューターで構築できるとは、すばらしい時代になりましたね。道路管理のIoT(モノのインターネット)化が、ますます加速しそうです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください