圧雪、シャーベットをAIで自動認識!ウェザーニューズが世界初の道路管理支援システム

2019年2月12日

管理人のイエイリです。

積雪のシーズンに道路を管理するのは、大変な作業です。時々刻々と変化する路面の状態を巡回や定点カメラによって目視で判断しながら、適切な対応を取る必要があるからです。

カメラのモニターが数十カ所分もあると、人の目で24時間確認する作業には限界があります。

積雪、シャーベット、圧雪などの部分が混在する積雪状況(以下の写真、資料:ウェザーニューズ)

積雪、シャーベット、圧雪などの部分が混在する積雪状況(以下の写真、資料:ウェザーニューズ)

そこで天気情報サービス会社のウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区)は、定点カメラの映像や画像からリアルタイムに路面状況を自動認識する「AI道路管理支援システム」のプロトタイプの開発に成功しました。

上の写真のように、積雪、シャーベット、圧雪などの各部分を、

ナ、ナ、ナ、ナント、

AIでリアルタイムに認識

することができるのです。(ウェザーニューズのプレスリリースはこちら

入力画像(上)から積雪、圧雪、シャーベットなどの部分を自動認識(下)した例

入力画像(上)から積雪、圧雪、シャーベットなどの部分を自動認識(下)した例

そのため、モニターを四六時中監視していなくても、路面状態が変化するとAIが自動的にアラートを出してくれるので、雪氷対策作業を迅速かつ効率的に行うことができます。

さらには交通事故を減らしたり、クルマの自動運転技術を向上させたりすることにも役立ちそうです。

圧雪やシャーベットなど、雪質の微妙な違いを見分けるシステムとしては、画像処理による方法もありますがカメラの角度や明るさが変わると対応できませんでした。

そこでウェザーニューズは、ディープラーニング(機械学習)によってAIに積雪状況を教え込むための「教師データ」を独自に構築し、カメラの向きや設置場所が変わっても、多様な雪の状態を認識できる

世界初のAIモデルを開発

したのです。

今後、開発を進めて2019年夏には実用化することを目指しており、来シーズンは道路管理者や自治体の雪氷対策作業で実際に活用できるようにするとのことです。

ウェザーニューズの強みはこれだけではありません。スマホアプリなどで気象情報を受け取るユーザーが全国におり、彼らから寄せられた路面状態の映像や画像、コメントも路面の積雪状況を判断するのに活用していく考えです。

全国のユーザーから寄せられた各地の積雪情報の例

全国のユーザーから寄せられた各地の積雪情報の例

全国のユーザーから寄せられた映像をAIで解析し、GNSS(全地球測位システム)情報によってマッピングすると、定点カメラがない場所の積雪情報を補完することができそうですね。

これからの社会インフラの維持管理には、AI、IoT(モノのインターネット)、そしてクラウドの3点セットが欠かせないようです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください