川底を上空から3D計測!ドローンに搭載できるグリーンレーザースキャナーを実用化

2019年2月5日

管理人のイエイリです。

建設業界ではドローン(無人機)の活用が盛んになっていますが、空撮写真の撮影だけでなく、最近はレーザースキャナーを搭載して上空から現場を3Dの点群計測を行う事例も出てきました。

そして、レーザー計測の技術もさらに進化しています。

パスコアミューズワンセルフは、陸上面と水中を計測できる「グリーンレーザースキャナー」を、

ナ、ナ、ナ、ナント、

ドローンに搭載

し、川底の3D計測を行うことに成功したのです。(パスコとアミューズワンセルフのプレスリリースはこちら

ドローンに搭載したグリーンレーザースキャナ-。陸上と水底からの反射波を識別し、3D計測が行える(以下の資料:パスコ、アミューズワンセルフ)

ドローンに搭載したグリーンレーザースキャナ-。陸上と水底からの反射波を識別し、3D計測が行える(以下の資料:パスコ、アミューズワンセルフ)

グリーンレーザースキャナーを搭載して水面上空を飛行するドローン

グリーンレーザースキャナーを搭載して水面上空を飛行するドローン

両社は2017年4月から、国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課河川保全企画室が実施した「革新的河川管理プロジェクト」の「陸上・水中レーザードローン」の開発チームとして、陸上と水中を面的に計測するグリーンレーザースキャナーの研究開発を共同で進めてきました。

そしてこのほど、実用化に向けた実証実験に成功したものです。

京都・由良川で計測した川底の3D形状を標高段彩図で表したもの

京都・由良川で計測した川底の3D形状を標高段彩図で表したもの

2018年12月9日、様々な高度から堰付近の水底を計測した検証結果

2018年12月9日、様々な高度から堰付近の水底を計測した検証結果

高度50mと100mからの計測では、水深3.4mの河床地形をすべて取得できた

高度50mと100mからの計測では、水深3.4mの河床地形をすべて取得できた

ドローン搭載型のグリーンレーザースキャナーは、

日本初

であり、世界的にも画期的な事例とのことです。

海外の技術を導入し、さらに使いやすく進化させるという、明治時代以来の日本人のお家芸が、ドローンの世界でも発揮されはじめてきたようですね。

テラドローンのように、日本のベンチャー企業が、世界に急速に展開している例もありますので、ドローン活用における日本の存在感が高まりそうです。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください