BIM/CIMに便利!ゼンリンが3D地図データを“オンライン切り売り”

2019年4月15日

管理人のイエイリです。

ゼンリンの3D地図データは、建物や街並みのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)/CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)モデルと合わせて、リアルなプレゼンテーションや都市模型の作製などに使われています。

ゼンリンの3D地図データを使ったプレゼンの例。人の視線からの超リアルな風景を再現できる(以下の資料:ゼンリン)

ゼンリンの3D地図データを使ったプレゼンの例。人の視線からの超リアルな風景を再現できる(以下の資料:ゼンリン)

しかし、3D地図の販売単位は、紙の地図と同様にブロックごとに区切られていたため、必要な敷地がたまたまブロックの境目にまたがっていた場合、数ブロック分を購入する必要がありました。

そこでゼンリンは「必要な範囲だけをすぐ使いたい」というBIM/CIMユーザーのニーズに対応するため、2019年4月10日から「ゼンリン 3D地図データオンライン提供サービス」を開始しました。

計画敷地がブロックをまたいでいても、必要な範囲だけを

ナ、ナ、ナ、ナント、

ピンポイントで指定

して、“切り売り”してくれるのです。

従来は敷地の位置によって4ブロック必要だった場合もあった(左)が、新サービスでは任意の範囲をピンポイントで指定して購入できる

従来は敷地の位置によって4ブロック必要だった場合もあった(左)が、新サービスでは任意の範囲をピンポイントで指定して購入できる

ピンポイントで任意の範囲をしていして買えるのは、年間契約のうち「チケット制」(年間60万~240万円)と「完全使い放題制」(年間500万円)です。

購入単位は従来の1ブロックに相当する面積単位で、3D都市モデルデータは約625m四方相当、広域3次元モデルデータは約5km四方相当の面積になります。

ピンポイントでの範囲指定は、年間契約のうち「チケット制」と「完全使い放題制」で可能となっている(表をクリックすると拡大表示します)

ピンポイントでの範囲指定は、年間契約のうち「チケット制」と「完全使い放題制」で可能となっている(表をクリックすると拡大表示します)

チケット制で一番安い「Cプラン」の場合、年間60万円で6枚(6単位)の3Dモデルが入手できます。

そして、BIM/CIMユーザーにとってありがたいのは、この3D地図データを

各ソフトのデータ形式

でダウンロードできることです。

対応するソフトには、「Navisworks」や「Infraworks」、「ARCHICAD」、「Rhinoceros」、「Lumion」などが含まれています。

必要な3D地図の範囲を指定した後、自分が使っているソフトの形式を選んでダウンロードする仕組みです。

必要な地図の範囲を選んだ後、ダウンロードするデータ形式を指定する

必要な地図の範囲を選んだ後、ダウンロードするデータ形式を指定する

熱流体解析ソフトによる風シミュレーションを都市モデル上に表示した例

熱流体解析ソフトによる風シミュレーションを都市モデル上に表示した例

熱流体解析ソフトによる風シミュレーションを都市モデル上に表示した例

熱流体解析ソフトによる風シミュレーションを都市モデル上に表示した例

最近は熱流体解析ソフトによる風シミュレーションや、大規模な再開発のプレゼンテーションなど、BIM/CIMの活用範囲も広がっています。広大でリアルな都市の3Dモデルが1枚10万円以内で手に入ると思えば、安い買い物ですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください