レーザードローン界に価格競争!FLIGHTSが600万円台の製品を市場投入

2019年5月14日

管理人のイエイリです。

ドローンから3Dレーザー計測を行うシステムは、数年前なら2000万~3000万円する高価なものでしたが、最近は急速に価格が下がり、導入しやすくなってきました。

当ブログでも、ドローン界のベンチャー企業、テラドローン(本社:東京都渋谷区)が700万円前後と、従来の3分の1~4分の1程度の低価格製品を発売したというニュースをお伝えしました(詳しくは、019年1月18日付けの記事を参照

テラドローンが発売した700万円台のレーザードローン(写真:家入龍太)

テラドローンが発売した700万円台のレーザードローン(写真:家入龍太)

そんなところに今度は、ドローン総合事業を手がけるFLIGHTS(本社:東京都品川区)が、オーストラリアのエアサイト・オーストラリア社(Airsight Australia)と提携し、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

600万円台の新製品

 

NextCore RN50」を市場に投入したのです。(FLIGHTSのプレスリリースはこちら

DJIのMatrice600 Proに搭載したレーザー計測システム(以下の写真、資料:FLIGHTS)

DJIのMatrice600 Proに搭載したレーザー計測システム(以下の写真、資料:FLIGHTS)

低価格な航空レーザーシステム「NextCore RN50」

低価格な航空レーザーシステム「NextCore RN50」

これまでのレーザードローンは、高価なIMU(慣性航法ユニット)を搭載していたため、高価格でした。

今回、低価格化のポイントは、やはり高価なIMU(慣性航法ユニット)の工夫にありました。IMUとGNSS(全地球測位システム)を統合したことにより、高精度で低価格を実現したのです。

レーザー計測のハードには、Quanergy社製の「M8 LiDARユニット」を採用したことも低価格化を後押ししました。

重量は2.5kgと軽量のため、DJI製のドローン「Matrice600 Pro」に搭載でき、最大23分の飛行が可能です。

毎秒42万点の点群データを計測でき、秒速10mで飛行すると1回のフライトで最大50haを5cm以内の精度で計測できます。

この製品はIMUも使用しているため、GNSSだけで位置や姿勢の推定を行う方式よりも、高精度が実現できるとのことです。

「NextCore RN50」で計測した建物の点群データ

「NextCore RN50」で計測した建物の点群データ

森林を上空から計測した点群データの例

森林を上空から計測した点群データの例

計測した点群データは、エアサイト・オーストラリア社のソフトとクラウドシステムによって自動的に処理されるため、

 

GISエンジニアが不要

 

というメリットもあります。

「NextCore RN50」のスペック

「NextCore RN50」のスペック

ドローンからデジタルカメラで空撮した写真を解析して地形の3Dモデルを作る方式に比べて、レーザー計測は茂みの上から地表面の形状や、多くの障害物に囲まれた構造物の形などを計測しやすいというメリットがあります。

ドローンレーザーの“低価格化競争”により、ユーザーにとってはこれまで“高嶺の花”とあきらめていた計測手法を採用する敷居がぐっと下がってきたのは歓迎すべきことですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください