使うほど時短に!iPadアプリ「eYACHO」に電子小黒板・協力会社連携の新機能

2019年6月10日

管理人のイエイリです。

工事現場をIT化するツールとして、タブレット端末の「iPad」をいかに活用するかに関心が集まっています。

MetaMoJi(メタモジ)(本社:東京都港区)が開発・販売するデジタル野帳アプリ「eYACHO(イーヤチョウ) for Business」(以下、eYACHO)は、これまで施工管理者にとって必須だった野帳の機能をiPadに移植し、さらにパワーアップしたツールとしてユーザーが年々増えています。

「eYACHO」の特長は紙の野帳と同様に、iPadにメモやデータを手書きでスピーディーに書き込み、クラウドでリアルタイムに共有できる「シェア機能」があることです。

そのため、これまでは工事関係者が1カ所に集まって1枚の用紙やホワイトボードに書いて集約していた情報を、iPadによってどこからでも書き込み、集約できる“バーチャル寄せ書き”ができるので、移動のムダ、時間調整のムダがなくなります。

「eYACHO」のシェア機能を使った“バーチャル寄せ書き”による工程調整のイメージ(特記以外の資料:MetaMoJi)

「eYACHO」のシェア機能を使った“バーチャル寄せ書き”による工程調整のイメージ(特記以外の資料:MetaMoJi)

その最新版である「eYACHO for Business 5」の新製品発表会が2019年6月6日、東京・市ヶ谷で開催されました。

「eYACHO for Business 5」の新製品発表会であいさつするMetaMoJi代表取締役社長の浮川和宣氏(以下の写真:家入龍太)

「eYACHO for Business 5」の新製品発表会であいさつするMetaMoJi代表取締役社長の浮川和宣氏(以下の写真:家入龍太)

今回、追加された目玉機能の一つは、

ナ、ナ、ナ、ナント、

工事写真台帳

や電子黒板機能など、工事写真の管理機能なのです。(MetaMoJiのプレスリリースはこちら

新機能として追加された工事写真台帳機能

新機能として追加された工事写真台帳機能

iPad上で黒板に記入し、現場で撮影すると、その写真データから工事写真台帳を作成したり、出来形管理表を作成したりすることができます。

また、JACIC(日本建設情報総合センター)の小黒板情報電子化対応ソフトに認定されているので、工事写真の電子納品にも使えます。

このほか、追加された機能としては「レイヤー編集機能」があります。1枚の図面などを担当者別のレイヤーに分けて必要に応じて表示や編集が行えるのです。

もちろん、全部を重ねて表示することもできるので、効率的に情報を集約できます。

“バーチャル寄せ書き”の効率をさらに高める「レイヤー編集機能」も追加された

“バーチャル寄せ書き”の効率をさらに高める「レイヤー編集機能」も追加された

クラウドサーバー上に協力会社ごとのフォルダーを作り、ユーザーのアクセス権限を自由自在に設定できる機能も付きました。クラウドサーバーは、MetaMoJiが用意したサーバーのほか、Boxなど商用のクラウドサーバーや自社サーバーも利用できます。

協力会社ごとにフォルダーを作り、アクセス権限を管理しながら情報共有する機能も強化された

協力会社ごとにフォルダーを作り、アクセス権限を管理しながら情報共有する機能も強化された

記者発表では、eYACHOを現場で活用している大林組と前田建設工業のユーザーからも、報告がありました。

大林組はMetaMoJiとともに、eYACHOを共同開発してきた立場ですが、2015年にまず建築部門でVer1を約5700台のiPadに導入して以来、土木部門や海外部門などでの利用者が拡大し、Ver5は約9300台のiPadで活用しています。iPadには標準的にeYACHOをインストールしているとのことです。

大林組でのeYACHO活用の拡大。今では9300人が利用している(資料:大林組)

大林組でのeYACHO活用の拡大。今では9300人が利用している(資料:大林組)

また、前田建設工業では2016年からeYACHOを導入し、現場管理での移動時間の削減や書類作成の削減、コミュニケーションの高度化などに役立てているとのことです。

同社の土木部のデータによれば、iPadの利用率が高いほど、

労働時間が短くなる

傾向があるそうです。

前田建設工業の現場別iPad利用率と労働時間の傾向。iPadを使う現場ほど、労働時間が短くなる傾向がみられる(資料:前田建設工業)

前田建設工業の現場別iPad利用率と労働時間の傾向。iPadを使う現場ほど、労働時間が短くなる傾向がみられる(資料:前田建設工業)

なお、eYACHO for Business 5(クラウド版)の気になる利用料金ですが、1ライセンス当たり年間2万8000円(税別)、初期導入費用が30万円(同)とのことです。

現場の必須ITツールになりつつあるiPadですが、これからは様々なアプリをいかに現場のワークフローに合わせて導入し、生産性を上げていくのかという“戦略的活用”が課題になりそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください