BIMモデルで換気扇を選定!三菱電機がイズミシステムに機器データを提供

2019年6月18日

管理人のイエイリです。

三菱電機は、業務用エアコンなどの空調機器データを、設備設計ソフトのベンダーに提供し、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)オブジェクト化することによって、BIMソフトでの設計に活用してもらう取り組みを行っています。

例えば、同社の「BIMメーカーオブジェクトのご案内」というサイトには、NYKシステムズの「Rebro」やダイテックの「CADWe’ll Tfas」で使えるBIMオブジェクトがダウンロードできるサイトへのリンクが掲載されているのです。

三菱電機のBIMオブジェクトサイト(以下の資料:特記以外は三菱電機)

三菱電機のBIMオブジェクトサイト(以下の資料:特記以外は三菱電機)

空調機器データを提供しているBIMソフトベンダーサイトへのリンク

空調機器データを提供しているBIMソフトベンダーサイトへのリンク

そして、今回、新たな取り組みが生まれました。イズミシステム設計が開発、販売する空調設計ソフト「SeACD(シークド)」向けに、

ナ、ナ、ナ、ナント、

換気扇データを提供

し、2019年8月からBIMオブジェクトとして順次、公開していくというのです。(三菱電機のプレスリリースはこちら

空調設計ソフト「SeACD」の画面(資料:イズミシステム設計)

空調設計ソフト「SeACD」の画面(資料:イズミシステム設計)

SeACDというソフトは、空調・換気設計業務をシームレスにつなぎ一元化するものです。諸元表や系統図の作成、機器選定、機器表の作成作業をSeACDに集約できます。

今回、三菱電機が換気扇データを提供することで、SeACD上で設備機器のカタログデータを参照し、空調・換気機器の選定が容易になります。

BIMモデルというと、まず3D形状がイメージされますが、SeACDでの利用では、換気計算用の「属性情報」も有効活用されそうですね

建築フローにおける「SeACD」の位置づけ

建築フローにおける「SeACD」の位置づけ

三菱電機は今後、空調・換気機器のBIMベンダーとの連携を強化していく方針です。

そして、イズミシステム設計とは

展示会で共同出展

していくなど、製品の宣伝・販促活動でも連携していくとのことです。

以前の建材・設備メーカーはBIMオブジェクトの提供に対して、あまり積極的ではありませんでしたが、今はBIMソフトの中で製品データを扱いやすくすることが、製品のプロモーションにもつながる時代になってきたようですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事