練り混ぜ温度も自動計算!コンクリ技術者必携のアプリ「MyConcrete」

2019年8月28日

管理人のイエイリです。

暑さもピークを過ぎたとはいえ、まだまだ1日の平均気温が25度を超える日が多くあります。工事現場でコンクリートを打設するときは「暑中コンクリート」という扱いで、コンクリートの温度が上がりすぎないように注意が必要です。

こんなとき、便利なスマホ用アプリが、コンクリート混和剤などを展開するBASFジャパン(本社:東京都中央区)が無料公開されました。

その名も「MyConcrete」というもので、iOS版Android版が用意されています。

コンクリートのことなら何でもわかるスマホアプリ「MyConcrete」(以下の資料:BASFジャパン)

コンクリートのことなら何でもわかるスマホアプリ「MyConcrete」(以下の資料:BASFジャパン)

その内容は、

ナ、ナ、ナ、ナント、

現場用コンクリート辞典

といえるほど、コンクリートの基礎知識から実際の製品までを網羅しているのです。(BASFジャパンのプレスリリースはこちら

コンクリート中の「空気量」についての説明

コンクリート中の「空気量」についての説明

なかなか見られないコンクリートのミクロな空げき写真

なかなか見られないコンクリートのミクロな空げき写真

関連するBASFジャパンの混和剤の情報

関連するBASFジャパンの混和剤の情報

各混和剤の詳細な解説。PDFカタログもダウンロードできる

各混和剤の詳細な解説。PDFカタログもダウンロードできる

例えば、土木施工管理技士の試験に出てくるような「空気量」や「スランプ」、「コンクリート配合」などの基礎知識については、辞典のように簡潔に解説されています。

もう少し、具体的に現場レベルで問題を解決するためには、BASFジャパンのAE剤(空気連行剤)や減水剤などの製品情報について、詳しい情報を見ることができ、PDFカタログのダウンロードも簡単に行えます。

そして、極め付きは様々な自動計算機能が付いていることです。

例えば、セメントや粗骨材・細骨材、練り混ぜ水の温度をスライドバーで入力し、各材料の重量をインプットすると、

練り混ぜ後の温度

が表示されます。

練り混ぜ後のコンクリート温度の自動計算機能

練り混ぜ後のコンクリート温度の自動計算機能

また、自分が今いる場所を登録しておくと、気温や湿度、風速を自動的に調べてくれて、コンクリートの表面蒸発度も自動計算してくれます。

今いる場所の気温、湿度、風速は自動入力してくれる

今いる場所の気温、湿度、風速は自動入力してくれる

コンクリート温度やセメント系材料のりょうによって表面蒸発度を自動計算

コンクリート温度やセメント系材料のりょうによって表面蒸発度を自動計算

まさに、現場でコンクリートを扱う技術者にとって、このアプリは必携とも言えるでしょう。コンクリートの基礎的なことがわかるので、建築・土木関係者を問わず、スマホに1本入れておくと便利に使えそうですよ。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事