飛島が山岳トンネル工事をIoT化!まずは入退坑管理と接近警告システムを開発

2019年8月22日

管理人のイエイリです。

山岳トンネル工事では安全管理上、坑内に今、だれが入っているのかを把握することが重要です。

その方法としてよくあるのが、坑口のボードです。トンネルに出入りするとき、自分の名前が書かれた札を裏返したり、スライドさせたりして、「入坑/出坑」を表示させます。

一般的なボードによる入坑管理システム(以下の写真、資料:飛島建設)

一般的なボードによる入坑管理システム(以下の写真、資料:飛島建設)

ところが、飛島建設が施工中の北海道新幹線ニセコトンネルの現場では、新たに開発された入坑管理システムを導入し、便利に活用しています。

坑口のボードを見に行かなくても、

ナ、ナ、ナ、ナント、

現場事務所で入坑者

をリアルタイムに確認できるのです。しかも、それぞれの入坑者が坑口近くにいるのか、坑口から100m以上離れたところにいるのかということまで、わかります。(飛島建設のプレスリリースはこちら

現場事務所でも現在の入坑者がリアルタイムにわかる新型入坑管理システム

現場事務所でも現在の入坑者がリアルタイムにわかる新型入坑管理システム

それぞれの入坑者が坑口付近にいるのか、100m以上離れた場所にいるのかまで、色分け表示できる

それぞれの入坑者が坑口付近にいるのか、100m以上離れた場所にいるのかまで、色分け表示できる

従来のアナログ的な入坑管理では不可能だった高度な安全管理が行える秘密は、トンネルに出入りする職員や作業員全員が、それぞれ固有の識別情報を発信する「BLE(Bluetooth Low Energy)ビーコン」を持っているからです。

トンネルの坑口などには、ビーコンの電波を検知するセンサー(IoTゲートウェイ)が設置されており、付近を通った人の情報を自動的にサーバーに送ることで、現在の入坑者の名前をリアルタイムに把握できるのです。

ビーコンを忘れずに持ち運べるように、飛島建設ではビーコン収納ポケット付きの反射チョッキも製作しました。

20190822-image03

坑口などにはビーコンの電波をキャッチし、サーバーに送るセンサー(IoTゲートウェイ)が設置されている

坑口などにはビーコンの電波をキャッチし、サーバーに送るセンサー(IoTゲートウェイ)が設置されている

さらに、このビーコンは別のところでも安全管理の役に立っています。

トンネル坑内で稼働する重機にも、ビーコンの電波を検知するセンサーが取り付けられているため、作業員などが重機に接近し、設定した距離以下になると運転席に備えたモニター画面を通じて

オペレーターに警告

してくれるのです。

オペレーターへの警告画面。接近した人の名前までわかるようになっている

オペレーターへの警告画面。接近した人の名前までわかるようになっている

建設機械接近警告システムのイメージ

建設機械接近警告システムのイメージ

重機に取り付けられたセンサー。電波の死角がなくなるように4カ所に付けられている

重機に取り付けられたセンサー。電波の死角がなくなるように4カ所に付けられている

これは「建設機械接近警告システム」というものですが、実は入坑管理システムと同じサーバー上で稼働しています。

実は入坑管理システムと接近警告システムは、飛島建設とマック(本社:千葉県市川市)、エム・シー・エス(本社:山梨県韮崎市)が、山岳トンネル工事向けのIoTプラットフォーム「IoT-Smart-CIP(Construction Information Platform)」の第一弾として開発したものなのです。

そのため、各システムをバラバラに開発することなく、同じBLEビーコンやセンサー、サーバーを使って、様々な機能を開発することができます。

同じビーコンやセンサー、サーバーを使って様々な機能を開発できる「IoT-Smart-CIP」のイメージ図

同じビーコンやセンサー、サーバーを使って様々な機能を開発できる「IoT-Smart-CIP」のイメージ図

今後も同じプラットフォーム上で、人の体調を検知する「バイタルセンサー」を使った体調管理システムや、重機内部のデータを活用した機械稼働時間管理システム、労働環境管理システムなどの開発を進め、山岳トンネル工事のIoT(モノのインターネット)化を実現していくとともに、AI(人工知能)による分析や管理も視野に入れています。

IoTプラットフォームにより、各種自動化システムの開発が行える

IoTプラットフォームにより、各種自動化システムの開発が行える

なお、飛島建設は今回、開発した入坑管理システムと建設機械接近警告システムを「BLEを用いた入坑者見える化システム:VisiBLE(ビジブル)」として販売を予定しています。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事