26カ所目は津和野城!凸版印刷のVR観光アプリ「ストリートミュージアム」が充実

2019年8月9日

管理人のイエイリです。

お盆休みを迎えて、夏の観光シーズンもいよいよ佳境に入ろうとしています。城跡などの史跡めぐりを計画している人におすすめなのが、凸版印刷が無料公開している体験型VR観光アプリ「ストリートミュージアム」(【iOS版】、【Android版】)です。

スマートフォンにインストールして、城跡などを訪れると、石垣しか残っていない場所でも、

ナ、ナ、ナ、ナント、

在りし日の天守閣

VR(バーチャルリアリティー)を再現して見ることができるのです。(凸版印刷のプレスリリースはこちら

 

「ストリートミュージアム」の画面。VRで再現した往時の津和野城天守(以下の資料:凸版印刷)

「ストリートミュージアム」の画面。VRで再現した往時の津和野城天守(以下の資料:凸版印刷)

 

VRで再現した津和野城の三の丸から見た人質櫓(やぐら)

VRで再現した津和野城の三の丸から見た人質櫓(やぐら)

文化財などの説明が簡潔に紹介されている(左)。地図上のマークをタップするとその場所の景色や距離などがわかる(右)

文化財などの説明が簡潔に紹介されている(左)。地図上のマークをタップするとその場所の景色や距離などがわかる(右)

今回、2019年7月26日には、津和野城(島根県鹿足郡津和野町)のコンテンツ追加され、公開されています。

現在は石垣しか残っていませんが、津和野城が最も栄えた江戸時代初期の姿をVRで見ることができます。

津和野城内の天守や人質櫓など6カ所と、津和野藩庁を津和野川の対岸から眺める1カ所のVRが含まれています。

さらに約7分間で津和野城について学べる「津和野城の歴史」という動画や、江戸時代の津和野を描いた「日本遺産・津和野百景図」、江戸時代の街並みを描いた古地図も見ることができます。

7分ほどで見られる動画、「津和野城の歴史」

7分ほどで見られる動画、「津和野城の歴史」

ガイドブックなど紙の資料はかさばるので持ち歩くのが大変ですが、スマホで見られる「ストリートミュージアム」なら気になったときにポケットから取り出して見られるので便利ですね。

このアプリは以前からあり、既に松本城(長野県)や福岡城(福岡県)などのコンテンツがありましたが、今回、追加された津和野城は、

26カ所目のコンテンツ

となります。

今回の津和野城を含めると既に26カ所のコンテンツが用意されている

今回の津和野城を含めると既に26カ所のコンテンツが用意されている

iOS版の「ストリートミュージアム」について紹介しているApp Storeレビューのサイト

iOS版の「ストリートミュージアム」について紹介しているApp Storeレビューのサイト

これだけコンテンツが充実してくると、スマホに入れて、旅行や出張などのときに使ってみるのも面白そうですね。

【おことわり】
来週、8/13~16は、「建設ITブログ」の更新をお休みさせていただきます。8/19から再開しますので、よろしくお願いします。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事