写真や点群を3D地図でクラウド共有!福井コンピュータの「CIMPHONY Plus」

2019年9月24日

管理人のイエイリです。

広い範囲で行われる土木工事では、工事写真や点群データなどの施工記録を管理、共有するためには、どうすればわかりやすくできるかは、施工管理者にとって悩みの種です。

そこで福井コンピュータは本日(2019年9月24日)、「CIMPHONY Plus(シムフォニー プラス)」というサービスを開始することになりました。

データ共有クラウドサービス「CIMPHONY Plus」の概念図(以下の資料:福井コンピュータ、道端組)

データ共有クラウドサービス「CIMPHONY Plus」の概念図(以下の資料:福井コンピュータ、道端組)

ナ、ナ、ナ、ナント、

クラウド上に3D地図

を作り、その上に位置情報付きの写真データや、ドローン(無人機)空撮などで作成した点群データを置いて管理しようというものです。

 

現場データを管理するプラットフォームとなる現場の3D地図

現場データを管理するプラットフォームとなる現場の3D地図

 

3D地図上に保存された工事写真。時間軸のスライドバー(画面下)を動かすことで、過去に戻って現場を確認できる

3D地図上に保存された工事写真。時間軸のスライドバー(画面下)を動かすことで、過去に戻って現場を確認できる

現場データを管理するプラットフォームとなる現場の3D地図は、国土地理院の「地理院地図」や「標高タイル」、OSM財団の「OpenStreetMap」を使って作ります。

この3D地図に位置情報と時間情報が付いた様々な現場データを重ねて管理します。

現場写真の保管には、同社の電子小黒板対応のスマホアプリ「どこでも写真管理 Plus」や、土木施工管理システム「EX-TREND武蔵(写真管理)」が使えます。写真以外の様々な書類も配置・保管が可能です。

また、点群データの保管は点群処理システム「TREND-POINT」など、同社の設計ソフトが使えます。

一方、「CIMPHONY Plus」で保管されたデータの利用には特別なソフトは必要なく、ウェブブラウザーがあればOKです。

工事現場は時々刻々と変化するので、「時間軸」の機能を使って過去のある時期に戻って、そのときの工事写真や点群などを見ることができます。

20190924-image04

点群は3D地図に重ねるように管理できる

点群は3D地図に重ねるように管理できる

さらに驚くべきことに、ウェブブラウザーを使って

土量計算や断面の生成

なども行えるのです。

ウェブブラウザーを使って切り土量や盛り土量を計算し、グラフ化した例。日々の土量進ちょく管理に使える

ウェブブラウザーを使って切り土量や盛り土量を計算し、グラフ化した例。日々の土量進ちょく管理に使える

実測データと設計データを比較して差分土量を算出した例

実測データと設計データを比較して差分土量を算出した例

点群データから断面を生成した例

点群データから断面を生成した例

気になる利用料金ですが、写真データや書類を保管できる「Standardプラン」が年間3万6000円(税別)からとなっています。また設計データや点群データを保管できる「Professionalプラン」は、2020年1月から運用が開始され価格は未定です。

このシステムがあれば、必要な写真や点群データを確認するために特定のパソコンのところに行く“移動のムダ”が削減されるだけでなく、場所と時期に合ったデータを見つけるための“探す時間のムダ”、データを加工して土量や断面を作成する“加工のムダ”までも削減できそうですね。

 
 ←記事に対するご意見、ご感想をどうぞ!


「建設ITワールドマガジン」無料購読受付中!最新設計手法「BIM」「CIM」の最新情報も充実!。現在の購読者数は部です。(携帯用のアドレスは登録できても配信されませんのでご注意ください

関連記事